雄琴温泉

雄琴温泉 基本データ

食べ物も美味しく、レジャーも歴史も満載の、最澄が開湯した神秘の湯、雄琴温泉に行ってみましょう!

所在地滋賀県大津市
泉質アルカリ性単純泉など
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、消化器系疾患、冷え性など
アクセス電車/JR湖西線「雄琴駅」下車
車/名神高速自動車道・京都東ICから国道161号、湖西道路、県道315号、国道161号経由20km

雄琴温泉情報

雄琴(おごと)温泉は、滋賀県大津市・琵琶湖の湖畔に湧く温泉です。

琵琶湖の南西岸に位置し、世界遺産にも登録されている、天台宗総本山・比叡山延暦寺の麓に広がっています。

歴史は古く、784年に比叡山延暦寺の開祖、最澄が開湯されたと伝えられ、霊湯として古くから栄えてきた古湯です。

その昔、8つの頭を持つ大蛇が住んでいた「蛇ケ谷」の傍らに「念仏池」が湧いており、そこから地下水が絶え間なく湧き、飲めば病気が治り、浴すれば外傷に効いたといいます。
また念仏して賽銭を投げ入れると泡が出て、願い事を叶えました。
この池が後に、雄琴温泉になったといわれています。

荘厳な比叡山に見守られ発展してきた信仰の地に湧く、どこか神秘的な温泉です。

無色透明の湯は少しぬめりがあり、美肌効果に優れています。

周辺の観光拠点としても利用しやすく、長らく歓楽温泉として賑わってきましたが、最近は湖畔の温泉地として静かな環境を取り戻しています。

雄琴温泉周辺情報

湖畔にはホテルや旅館が立ち並び、夏はマリンスポーツや湖水浴で賑わいをみせ、ファミリーに人気です。
釣りも人気のレジャーです。

目の前には日本一の琵琶湖が広がり、温泉街の北には壮大な琵琶湖大橋、松尾芭蕉や小林一茶ほか多くの文人が訪れた「堅田の落雁」で有名な近江八景の浮御堂があります。

東の山上には世界遺産に登録された比叡山延暦寺がたたずみ、南には比叡山の門前町、坂本が昔ながらの街並みを今に伝えています。

紅葉の名所・日吉大社も近く、京都の大原までは車で約40分の距離です。

見逃せない名所や史跡が満載です。

名物料理として鴨料理や近江牛料理などがあり、特に鴨鍋は雄琴を代表する味覚です。
また、しじみご飯、鮎料理などの新鮮な琵琶湖の幸も美味しくいただけます。

目一杯楽しめる立地にある、雄琴温泉へぜひお出かけください。

団体旅行プランを無料で問い合わせ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

最短1分で入力完了。
今すぐ問合せしよう!

  • 国内旅行 無料一括見積り
  • 海外旅行 無料一括見積り