果物狩り
大人数の旅行でも楽しめる、旅の定番「果物狩り」。楽天トラベルは、秋の果物狩りに人気の行き先をランキングで発表しました。(※)

果物狩り人気トップ3はこちら!

人気1位は、日本の象徴「富士山」がある「山梨県」。中でも「山梨・石和・勝沼・塩山」は、ぶどう狩りを楽しめるエリアとしてランクインしました。山梨県はぶどうの産地として、ぶどう狩りだけではなく多くのワイナリーもあるので、大人数の社員旅行でワイナリーに…なんてコースもおすすめですよ。東京からだと、バスで2時間ほどで行けるので、日帰り旅行も可能です。

2位は「石川県」。北陸新幹線が開通した影響もあって、ここ数年で注目を集める観光地です。山梨県同様にぶどう狩りが楽しめるほか、りんご狩りもおすすめ。夏から秋にかけてはぶどう狩り、秋から冬はりんご狩りが旬の時期なので、季節を変えて何度も行きたくなりますね。

3位は「福島県」で、ぶどう狩りやりんご狩り、さらには桃狩りや梨狩りと、約半年間ずっと果物狩りをを楽しむことができるんです。福島市から車・バスで20分ほどで行ける、飯坂温泉エリアに果樹園が集まっているので、果物狩りハシゴ旅なんかを企画してみるのも楽しそう!大人数旅行で行くなら、果物の種類でグループ分けをして、あとでお土産を持ち寄るのもいいですね。

※楽天トラベル「秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキング」に関する調査概要
調査日:2016年9月28日(水)
調査対象:「狩り」のキーワードの入っている宿泊プランの予約人泊数実績をもとに算出(2宿以上で予約実績があるエリアが対象、果物以外の狩り体験は対象外)
対象期間: 2016年9月1日(木)~2016年11月30日(水)

果物狩りは大人数旅行に「ちょうどいい」

ぶどう狩り
社員旅行や、家族グループ、大学のサークル旅行など、大人数での旅行は行き先や旅先でのイベントに困りますよね。そこで、おすすめしたいのが「果物狩り」なんです。

おすすめ1:大人数でもみんな一緒に楽しめる

果物狩りは事前にきちんと予約をしていけば、順番待ちをすることが無いので、グループみんなで一緒に楽しむことができます。例えば、テーマパークなんかだと、アトラクションに乗るのは2人や3人ずつ。大人数で行ってもみんなで楽しむ、という感じはどうしても無くなってしまいますね。

果物狩りは、広い農園にみんな一緒に入れるので、おしゃべりをしながら大人数で楽しむことができますよ。

おすすめ2:気まずい雰囲気にならない!?

社員旅行や、友達家族とのグループの旅行だと、参加者の中に初めて旅行に行く人同士もいますよね。「話したことも無いのにいきなり一緒に旅行なんて…」とお互い何を話せばいいかわからず、気まずい雰囲気になってしまうのが、大人数旅行のあるあるネタです。

果物狩りの場合は、みんなが果物を食べながら歩き回るというゆるーい時間が流れます。無理に会話をしようとせずとも、参加者同士で味の感想を言い合うなど、自然なコミュニケーションが生まれます。

大人数でも、みんなが同じ目的でその場にいるだけで一体感がでて、お互いに共感し合えるのが果物狩りの魅力です。

おすすめ3:駐車場が完備されている

旅行中に意外と困るのが「駐車場」。駐車場がなくて、目的地に着いたはいいものの車でぐるぐる、なんて経験はありませんか?大人数の果物狩りを受け入れている農園には、乗用車用はもちろんバスを停められる駐車場があることが多いので安心です。

ちなみに、果物狩りは広い農園で行われるので、都会よりも落ち着いたエリアにあることがほとんどです。そのため、大人数旅行の場合は貸切バスで行くのがおすすめですよ。

大人数の果物狩り旅行、面倒な手配は旅行会社におまかせ

果物狩りに大人数で行く場合は、事前予約が必須です。必ず施設に問い合わせをしてから行くようにしましょう。

果物狩りだけではなく、移動やランチ、宿泊施設も全部手配する場合、行き先すべての施設予約が必要になります。レストランや宿は大人数で入れるところも限られますので、行き先を決定させるのも大変ですね。数人程度の旅行であれば、ネットで調べて自分ですべて手配できますが、大人数旅行の場合は、リサーチも予約も一苦労です。

大人数での旅行で、一番ラクなのは旅行会社にプランニングや予約をすべてお任せしてしまうこと。「10人で果物狩りをしたい」「行き先は山梨県がいい」「1人当たりの予算は20,000円以下に抑えたい」など希望を伝えれば、ぴったりな旅行プランを作ってくれます。
見積りやプランは無料で取り寄せが可能なので、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

大人数でのフルーツ狩りは「団体旅行ナビ」にお任せ!

エージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り