湯けむり展望台からの眺め全国から団体旅行専門の旅行会社が集結

団体旅行 無料一括見積り

別府温泉は大分県別府市にある別府温泉郷の中心地で、町の至るところから立ち上る湯煙がシンボリックな湯の町です。

別府温泉郷は、源泉数約3,000本、湧出量1日約13万キロリットルと、ともに日本一を誇る大温泉地です。

湯けむりの町・別府

鶴見岳(1,375m)と約4km北にある伽藍岳(または硫黄山 1,045m)の二つの火山の東側に多数の温泉が湧き出ており、総称して別府八湯と呼ばれています。

歴史は古く、奈良時代の『豊後風土記』や『伊予国風土記』にも登場。鎌倉時代には、元寇の役で負傷した武士たちの療養所も作られたといいます。

別府市街地

明治時代から掘削が始まり、1911年JR日豊本線の開通により急速に発展を遂げました。

九州エリア出発の団体旅行・社員旅行・慰安旅行で日帰りは可能ですが、できれば最低でも1泊2日でのんびり楽しんでいただきたい温泉地。関東・関西エリアからのなら2泊3日で、福岡や熊本との周遊も楽しめます。

「団体旅行ナビ」では、団体旅行専門の旅行会社200社以上無料一括見積り&プランの取り寄せが可能。

団体旅行・社員旅行のプロに別府温泉のオススメ観光スポット・旅館(ホテル)を提案してもらって、オリジナルの大分旅行プランを企画しましょう。

別府温泉は何県?アクセス方法

別府観光港と西大分港
別府観光港と西大分港

別府温泉は大分空港や別府観光港からアクセスがよく、関東・関西からも行きやすい場所にあります。空港バスで約50分ぐらい。別府観光港からはバスやタクシーで約15分ぐらいです。

JR日豊本線ならどの電車でも別府駅に泊まるので便利。新幹線なら小倉駅で乗り継ぎになります。

福岡空港からなら高速バス、博多駅からなら特急ソニックが便利。その他の九州エリアからなら、新幹線で小倉まででるか、高速バスを利用することになります。

観光などを途中で楽しみたい場合、大人数なら貸切バスをチャーターしていくのがベスト。

関東・関西などから別府温泉旅行を楽しむなら、空港や主要駅から貸切バスを利用することになります。

以下、出発地ごとに貸切バス料金をまとめてみました。

大分空港出発
福岡空港もしくは博多駅出発
大阪からフェリー利用で別府観光港出発

大分空港出発で別府温泉に行く場合

大分空港からはバスが便利

大分空港から別府温泉までは「空港バス」が一番便利です。所要時間は約50分、料金は片道1,500円(2019年10月現在)。

ただし大人数の場合、乗り切れないことがありますので、送迎用に貸切バスをチャーターしておくと安心。所要時間は空港バスと同じです。

貸切バスを大分空港から往復(送迎のみ)をお願いした場合の料金相場は以下の通りです。

  • マイクロバス(20名利用)送迎のみ:69,000円/1人当たり3,450円
  • 中型バス(25名利用)送迎のみ:80,150円/1人当たり3,206円
  • 大型バス(40名利用)送迎のみ:93,500円/1人当たり2,338円

※貸切バス料金はすべて税抜き価格で、途中の観光等は含みません。

貸切バス 約50分
乗合バス 大分交通の空港バスで約50分

福岡空港・博多駅出発で別府温泉に行く場合

福岡空港からは、高速バス「とよのくに号・ノンストップ」で、約2時間15分。片道料金は3,250円です。

博多駅からなら「特急ソニック」で約2時間、片道の運賃が3,740円(プラス指定席1,940円)。

特急ソニック
特急ソニック

時間短縮するなら小倉駅までこだまで移動し、そこから特急ソニックを利用すると、約1時間30分で到着します。片道の運賃が3,600円で、こだま指定席が2,290円、ソニック指定席が1,780円プラス。

大人数の場合は、貸切バスを利用するのがおすすめ。貸切バス往復送迎(運転手も宿泊)をお願いした場合の料金相場は以下の通りです。

  • マイクロバス(20名利用)1泊2日:76,600円/1人当たり3,830円
  • 中型バス(25名利用)1泊2日:88,950円/1人当たり3,558円
  • 大型バス(40名利用)1泊2日:103,500円/1人当たり2,588円

※貸切バス料金はすべて税抜き価格で、途中の観光等は含みません。

貸切バス 約2時間
高速バス 約2時間15分

大阪からフェリーで別府観光港から行く場合

大阪南港に停泊するフェリーさんふらわあ
大阪南港に停泊するフェリーさんふらわあ

大阪から意外に人気なのがフェリーさんふらわあを利用して別府に行く方法。週末の夜19時55分に出発して、別府港には翌日の7時45分に着きます(約11時間50分)。

外国人観光客が関西や九州周遊の際によく利用しています。

運賃は11,410~30,350円で、客室のクラス、繁忙期などによって異なります。

別府観光港からはタクシーを利用するか、貸切バスで送迎を頼むのが便利。タクシーの場合なら、約10分で料金は約1,090円。4名乗車なら一人当たり280円程度ですみます。

送迎バスの場合の片道送迎だけだと、もったいないので、翌日の観光などと合わせて利用する場合はお願いしてみましょう。

別府温泉への団体・グループ旅行おすすめモデルプラン

潮騒の宿 晴海
潮騒の宿 晴海

大人数で楽しむ別府温泉旅行!王道の観光プランからちょっとツゥなプランまで、おすすめのツアーを考えてみました。

別府温泉日帰り団体旅行プラン

九州の博多や熊本の黒川温泉、大分の湯布院からなら日帰りも充分可能!大人数なら貸切バスを利用して、別府温泉までのルートで立ち寄りしやすいスポットを含めたツアーです。

博多出発日帰りモデルコース

竹瓦温泉
別府・竹瓦温泉

博多駅出発→別府地獄めぐり(鉄輪・柴石エリアの7つの異なる温泉噴出口巡り)→「地獄蒸し」ランチ→湯煙展望台→竹瓦温泉で日帰り入浴、もしくは別府海浜砂場で砂蒸し風呂を楽しむ→博多駅着

湯布院出発日帰りモデルコース

地獄蒸しランチを楽しむ

由布院駅出発→別府地獄めぐり→「地獄蒸し」ランチ→大分マリーンパレス水族館「うみたまご」もしくは、城島(きじま)高原パーク→由布院駅着

黒川温泉出発日帰りモデルコース

由布院でランチ

黒川温泉出発→由布院観光&ランチ→別府温泉街で日帰り入浴・湯煙展望台・お土産探し→黒川温泉着

別府温泉1泊2日団体旅行プラン

関東・東海・関西エリアから別府温泉旅行を楽しむなら大分空港出発で1泊2日、もしくは福岡や熊本との周遊で2泊3日で楽しみたいもの。

大分のグルメや熊本、博多との有名観光地を含めた九州周遊旅行プランを提案してもらいましょう。

大分空港出発1泊2日モデルコース

耶馬溪
耶馬溪
1日目 空港から貸切バスで移動→別府温泉地獄めぐり・地獄蒸しランチ→宿チェックイン→宿泊宴会
2日目 旅館発(貸切バス利用)→耶馬溪→由布院観光(金鱗湖、観光辻馬車など)・ランチ・日帰り温泉を楽しむ→大分空港(もしくは博多など他の観光地へ移動)着

大分空港出発2泊3日モデルコース

門司港レトロ
門司港レトロ
1日目 空港から貸切バスで移動→別府温泉地獄めぐり・地獄蒸しランチ→宿チェックイン→宿泊宴会(冬なら地獄のイルミネーションを楽しむ)
2日目 旅館発(貸切バス利用)→門司港レトロ・北九州観光など→小倉に宿泊宴会(皿倉山からの夜景を楽しむ)
3日目 旅館発(貸切バス利用)→宗像大社参拝→博多観光&ランチ→福岡空港着

フェリー利用・大阪出発2泊3日モデルコース

杵築
杵築の城下町
1日目 大阪港出発(フェリーさんふらわあ乗船)→別府温泉着→地獄めぐり・地獄蒸しなど別府観光を楽しむ→宿泊宴会
2日目 旅館発(貸切バス利用)→杵築(きつき)の城下町などを観光&ランチ→大分空港着(飛行機で大阪まで帰着)

別府温泉の人気スポットランキング

別府・鉄輪温泉
別府・鉄輪温泉

別府市内には、別府・鉄輪・明礬・浜脇・観海寺・柴石・堀田・亀川と8か所の温泉が点在し、別府八湯として親しまれています。

共同浴場は約170軒、宿は約1,000軒。また、存在する11の泉質のうち放射能泉を除く10種類が湧いています。

明礬温泉 湯の里
明礬温泉 湯の里

もちろん、ほとんどの宿が源泉かけ流しです。

阿蘇から島原へ続く火山活動によって生じた断層が、別府に豊富な温泉をもたらしたといわれます。

第1位 地獄めぐり

別府温泉地獄めぐり

別府観光の定番コース「別府地獄めぐり」は、奇観を呈する7つの温泉めぐりです。

  • 青い「海地獄」
  • 赤い「血の池地獄」
  • 熱水が噴き出す「龍巻地獄」
  • 青白色の「白池地獄」
  • 灰色の熱泥が沸騰する「鬼石坊主地獄」
  • ワニを飼育する「鬼山地獄」
  • 足湯も楽しめる「かまど地獄」

自然の恐ろしさと恩恵の両面を感じる旅を実感できることでしょう。

海地獄
海地獄

地獄めぐりには、定期観光バス(亀の井バスが運行・要予約)もあり、北浜バスセンターから出発し、7つの地獄をバスガイドさんと一緒に巡ります。

鬼石坊主地獄
鬼石坊主地獄

実はこのコース、日本で初めて女性バスガイドが案内したことでも有名です。

血の池地獄
血の池地獄

この他、共通観覧券は使えませんが、カピバラやヤギなどの動物たちが飼育されている「山地獄」、明礬採取として有名な「明礬地獄」もあり、全部で9つの地獄が楽しめます。

Information

別府地獄めぐり
地獄めぐり入場料:大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
問合せ先:別府地獄組合 0977-66-1577(受付時間 8時~17時)

第2位 湯けむり展望台

湯けむり展望台からの別府温泉街並み

湯けむりが上がる別府の町を撮影した写真。それはここ、湯けむり展望台で撮影したものが多いのでは?

鉄輪(かんなわ)地区の海地獄と血の池地獄の中間ぐらいに位置しています。九州横断道路から脇道を入り、案内図に従って坂道を登ると到着。

展望台からは、別府の街並みや山並みが一望でき、湯けむりが吹き上がる様子が見えます。この光景はNHKの「21世紀に残したい日本の風景」で全国第2位(第1位は富士山)です。

別府の町のいたるところで湯けむり

別府に1泊するならぜひ夜に訪れてみてください。ライトアップされた街並みと湯けむりが幻想的で「日本夜景遺産」に認定されているのもうなずけます。

Information

■別府湯けむり展望台
住所:大分県別府市 鉄輪東8組(ロイヤルタウン大観山)
電話:097-536-6250(ツーリズムおおいた)

第3位 別府海浜砂湯

別府海浜砂場
別府海浜砂場

別府国際観光港のすぐ隣、上人ヶ浜(しょうにんがはま)の一角ににある市営の砂場。10~12名が同時に入浴できます。

可動式の屋根がついているので、雨の日でも入浴可能。温泉熱で温められ、潮風を感じながらくつろぐと、ついウトウトとしてしまいそうです。

砂風呂を楽しんだ後は、すっきり汗を流せる内湯や海に面した足湯もあり。

Information

別府海浜砂湯
住所:大分県別府市上人ケ浜町9
電話:0977-66-5737
料金:1,050円
営業時間:3月~11月 8時30分~18時(最終受付17時)/12月~2月 9時~17時(最終受付16時)、毎月第4水曜日(祝日は翌休み)

第4位 別府ロープウェイ・鶴見山

別府ロープウェイ
別府ロープウェイ

別府ロープウェイは、九州で最大級101名乗りの大型ゴンドラ。別府高原駅から標高1,300mの鶴見山上駅までを約10分で結んでいます。

鶴見山上では七福神巡りを楽しめます。展望所からはくじゅう連山や別府湾、別府の街並みなど、雄大な景色が広がり、10月中旬~11月下旬にかけては紅葉が見ごろを迎えます。

鶴見岳の紅葉

また、春には桜とミヤマキリシマ、冬は樹氷がつくる銀世界でいつ訪れても楽しめますね。

ロープウェイ大駐車場には「九州焼酎館」があり、全国から珍しい焼酎・泡盛・ワイン・リキュール酒なども購入可能。お土産選びにもぴったりですね。

Information

別府ロープウェイ
住所:大分県別府市大字南立石字寒原10-7
電話:0977-22-2278
営業時間:9時~17時
※時期により異なりますので、公式ホームページを参照のこと。

第5位 城島高原パーク

城島パーク
城島パーク・木製のジェットコースター

別府・由布院の中間ぐらいにある「城島(きじま)高原パーク」。いずれからも車で約15分ぐらいでアクセスできます。

ここには日本で初めてといわれる木製コースター「ジュピター」があり、城島高原パークイチオシのアトラクションになっています。その他にも三次元迷路や水面に向かって急降下する「ポセイドン30」など、ユニークなアトラクションが勢ぞろい。

ゴルフクラブもあるので、社員それぞれがやりたいことを自由に楽しむにもいいスポットですね。

Information

城島高原パーク
住所:大分県別府市城島高原123番地
電話: 0977-22-1165
料金:入園券 中学生以上1,500円、4歳~小学生600円
※のりもの券は別途料金必要
※15名以上の団体・グループは割引なるお得なプランがあります。
営業時間:10時~17時
※日によって営業時間が異なりますので、詳しくは公式ホームページを参照してください。

別府温泉の名物グルメ

大分を代表するグルメといえば「とり天」。別府には発祥のお店といわれる「東洋軒」があります。また、他では高くて手が出しにくい関アジ・関さば、豊後牛なども楽しみにしている方が多いのでは?

海産物をつかった「りゅうきゅう丼」や、別府らしい「地獄蒸し料理」もぜひ味わってかえりましょう。

鉄輪温泉の蒸気で蒸し上げる「地獄蒸し」

別府名物・地獄蒸し
地獄蒸し

最も源泉の数が多いといわれる鉄輪(かんなわ)温泉では、摂氏98度の蒸気で蒸し上げた料理「地獄蒸し」が名物!

鉄輪温泉の蒸気で一気に蒸し上げるため、食材のうまみが封じ込められます。また、温泉に含まれる塩分が程よく食材に付くそうですよ。

「地獄蒸し工房鉄輪」では、好みの食材を自分で選び、自ら蒸しあげてつくったお料理を楽しめます。食材は工房で購入可能で、持ち込みもOK。

食事だけではなく、足湯や足蒸しも楽しめます。

Information

地獄蒸し工房鉄輪
住所:大分県別府市風呂本5組(いでゆ坂沿い)
電話:0977-66-3775(9時~20時・LO 19時)、足湯は19時30分まで
定休日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)

別府が発祥!大分名物「とり天」

大分名物・とり天
とり天

「とり天」は、地鶏の肉を薄切りにして天ぷらの衣をつけて揚げたもの。大正15年創業の東洋軒の創業者である宮本四朗氏が生み出したもので、当時は「鶏のかまぼこの天ぷら」と呼んでいたそうです。

大分名産のカボスをしぼってさっぱりといただけます。別府に来たら、ぜひ本家本元のとり天を味わってかえりましょう。

Information

東洋軒
住所:大分県別府市石垣東7−8−22
電話:0977−23−3333
営業時間:11時~15時30分/17時~22時、年中無休

湯上りに食べたい「別府冷麺」

別府冷麺
別府冷麺

冷麺というと青森の盛岡冷麺が有名ですが、ここ別府にもご当地「冷麺」があります。

旧満州からの引き上げてきた料理人が、昭和25年ごろに冷麺のお店を別府にオープンさせたことが始まりとのこと。朝鮮冷麺を和風にアレンジしたものだそう。

太目もちもち系の麺と中細でつるつる系の麺に分けられ、和風だしベースのスープでいただくのが主流だとか。温泉であったまった後に食べる、よく冷えた冷麺は絶品ですね。

別府温泉おすすめのお土産

別府・竹細工伝統工芸品
別府・竹細工伝統工芸品

別府は竹細工で有名。「日本書紀」にも12代景行天皇が九州のくまそ征伐の帰りに別府に立ち寄った際、茶碗籠(メゴ)をつくったのが始まりといわれているそうです(別府市竹細工伝統産業会館HPより)。

現在では通産省より、伝統工芸品の指定を受けています。「別府市竹細工伝統産業会館」では、竹細工の体験学習も可能。アクティビティとしてぜひ挑戦していくのもおすすめです。

また、地獄蒸しで作られた岡本屋の「地獄蒸しプリン」は絶品!お土産として持ち帰ることもできるので、ぜひ。

地獄蒸しプリン
地獄蒸しプリン

この他、温泉卵をイメージしたお菓子「別府のたまご」、メディアで話題の菊屋「ぷりんどら」、血の池地獄の泥を使った真っ赤な軟膏「血の池軟膏」もインパクト大!

街歩きを楽しみながら、ここならではのお土産を探してみては?

別府温泉 基本データ

別府温泉

源泉数、湧出湯量ともに日本一、街の至る所から湯煙が立ち上る大歓楽温泉街・別府温泉でお湯に浸かりながら、自然の恐ろしさと恵みの両面を肌で感じる旅をしよう!

所在地 大分県別府市
泉質 単純温泉、弱食塩泉、炭酸泉など
効能 神経痛、筋肉痛、高血圧症、動脈硬化症、皮膚病、胃腸病、リウマチ、冷え性、婦人病など
アクセス 電車/JR日豊本線・別府駅下車
車/大分自動車道・別府ICから県道11号、国道500号経由3km

▼大分県の温泉地
別府温泉 | 由布院温泉

別府温泉への団体・グループ旅行はお任せ!

行き先に迷っている場合も大丈夫。旅行会社が条件に合う旅行プランを行き先から提案してくれます。見積りとプランのお取り寄せは無料!いますぐ問い合わせしよう。

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

最短1分で入力完了。
今すぐ問合せしよう!

  • 国内旅行 無料一括見積り
  • 海外旅行 無料一括見積り