バリ島老舗リゾート「インターコンチネンタルバリ リゾート」
バリ島老舗リゾート「インターコンチネンタルバリ リゾート」

ビーチリゾートとして人気のバリ島。個人旅行・家族旅行はもちろん、社員旅行や学生旅行にもおすすめの海外として注目を集めています。

イスラム教徒が多いインドネシアの中で、ヒンドゥー教徒が多いバリ島は独特の雰囲気。伝統舞踊や独自の食文化、そしてバリ島ならではの芸術が育まれてきた歴史があります。

独自の舞踏や食文化、アートが息づくバリ島

今回は、バリ島のリゾート開発の黎明期に建てられた老舗リゾートである「インターコンチネンタルバリ リゾート」の魅力を徹底特集!PR担当の伊関さんが特別寄稿してくれました。

リゾート内にさりげなく置かれている歴史ある伝統的なバリアートの見どころと、滞在レポートも併せて参考にしてくださいね。

バリ島の芸術とは?その魅力をざっとご紹介

バリ島芸術の特徴

バリ島の絵画や彫刻、音楽などは、ヒンドゥー教の祭礼や儀式と深いかかわりがあります。ヒンドゥーの神々やその神話の世界を題材にしたもの、王宮の装飾絵画として発達したものが中心です。

ヒンドゥー教がバリ島に伝来したのは4~5世紀ごろ。首都・ジャカルタのあるジャワ島を通じ、仏教とともに入ってきました。

ヒンドゥー教王国マジャパイトがバリ島を征服するのが14世紀頃。その後、16世紀後半に、イスラム勢力に敗れたマジャパイトが衰退し、王国の貴族や僧侶、職人などがバリ島に逃れてきました。

その結果、現在のバリ島独自のヒンドゥー文化やバリアートが花開くことになったのです。

その後、西洋文化の影響を受け、新しい息吹を得たバリ島ではユニークなアートが次々と誕生。ウブド地区には若い芸術家が集まり、数多くの美術館が集まっているのも特徴のひとつです。

今では再現不可能!?バリアートの神髄を滞在中、たっぷり鑑賞できるリゾート

インターコンチネンタルバリリゾートの全景

バリ島では次々と新しいリゾートが開発され、注目を集めています。その中でも「インターコンチネンタルバリリゾート」は、ジンバラン地区にある老舗中の老舗リゾート

PR担当の伊関さんより、以下のようなコメントが届いてます。

「バリ有数の美しいホワイトサンドビーチがどこまでも続くジンバランベイは、夕日の名所としても知られています。

インターコンチネンタルバリ リゾートは、そんなホワイトサンドビーチに14ヘクタールもの広大な敷地を有し、常夏の緑に包まれた老舗リゾートです。

リゾート全体を通して水は重要なエレメントで、中央には緩やかに流れるラグーン、趣のある噴水と数々のプール、ヤシの木の向こうに広がる海がリゾートと自然の調和を表してします。

著名な建築家であり、インテリアデザインの巨匠ヘンドラ ハピプラナが手がけたリゾートの伝統的な建築様式は、静けさに包まれたバリの村を彷彿させ、神の島と呼ばれるバリ島のスピリットを比類なきアートコレクションを通して唯一無二のリゾートの存在感を放っています」

14エーカーという広大な敷地面積を誇るリゾート

現在では、ビーチリゾートとして世界中から注目を集めているバリ島。土地の値段も高騰しており、ここまで贅沢な敷地を有し、惜しげもなくアート作品を取り入れたリゾートをつくることは難しくなっています

バリらしい滞在を楽しみたい。ご両親や兄弟姉妹の家族と一緒にバリ島旅行を楽しむという場合、どこにも出かけずリゾート内でゆったり過ごす、という選択肢があるのも魅力の一つです。

実際にご家族と一緒にリゾートに滞在した経験のある、PR担当の伊関さんにその魅力をたっぷりとご紹介していただきましょう。

「インターコンチネンタルバリ リゾート」はまさにアート村

吹き抜けロビー
吹き抜けロビー(仮画像)

インターコンチネンタルバリ リゾートは、バリ島のリゾート開発の黎明期に建てられた老舗リゾート。それを証明するかのように、リゾートのエントランス、ロビー、プール、パブリックエリアと、当時の名工が腕によりをかけて作ったアートピースが随所に散りばめられています。

初めて訪れた時、その作品の完成度に目を見張ったのを覚えています。

しかし、リゾートスタッフにとって、オープン当時から鎮座している作品群はまさに風景の一部。特に説明書きもなく、さりげなくそこにたたずんでいるのみ。

インターコンチネンタルバリリゾートのアートブック

コンシェルジュに声をかけると、ホテルのアートブックを見せてくれました。現代では、これだけの作品を作る職人を集めるのは、不可能ではないかとか。

あの時代だから出来た名工の仕事を早速ご紹介していきましょう。

バリ・ヒンドゥー教の世界観もわかるアート巡り

アートブックを片手に、早速リゾート内をスタンプラリーのように巡ってみました。驚いたことは、作品を眺めアートブックを読み進めると共に、バリヒンドゥー教への理解が深まったこと。

バリのアートシーンにおいて、バリヒンドゥー教は切っても切り離せない関係だと感じました。

ヒンドゥー教のイケメン5兄弟がお出迎え

パンダワ兄弟

リゾートに到着した瞬間、車窓から見えた像は、ヒンドゥー教神話の有名な5兄弟でした。超人的なパワーと兄弟の結束で知られたパンダワ兄弟

バリ島にはこのパンダワ兄弟の名前が付けられた「パンダワビーチ」もありますよ。

イカツイ顔に似合わないスイートな伝説の竜

火山の龍

火山の竜は、海の底に住む恋人である真珠に逢うため、毎晩海深く潜るという伝説が伝えられていいます

日の出と共に海から出ずる竜は、巣のある火山へ帰る道中、鱗から落ちこぼれる水で島に広がる水田に恵みをもたらし、バリの人々に繁栄をもたらすと信じられています。

インドネシアの建国精神が表現されている有翼の獅子

有翼の獅子

橋の欄干に立つ有翼の獅子のモデルは、シンガラジャの街のシンボルであるシンガ アンバラ ラジャのモニュメントだそう。モニュメントは、インドネシア建国の五原則をさすパンチャシラを模した五角形の台座の上に建っています。

1945年8月17日のインドネシアの独立記念日を記念して、獅子の翼には17本の羽が生え、獅子の足が捉えたとうもろこしには、8枚の葉と45粒の実が彫られているそうです。

ひっそり度ナンバー1にして、技術度が一番高く思えた壁画

デワデワルア神話を描いたレリーフ

デワデワルア神話を描いたこのレリーフは、大津波が神々を海へさらったのち、神々が戻ってきたことを歓迎する感謝、友情、敬意を表現した作品だそうです。

朝食のレストラン「タマンギタ」にもアートピース

レストラン「タマンギタ」に飾られてるレリーフ

現地の言葉で、”音楽の地“を意味する「タマンギタ」に飾られている壮大な壁画は、伝統的なバリの楽器を奏でるオーケストラを描いている作品

何百年と続く伝統的な手法を使い、柔らかい火山岩と木材でつくりあげています。

ガネーシャはやっぱりどこに行っても人気者

シヴァ神の息子・ガネーシャ

父親のシヴァ神に首を切られ、シヴァ神が最初に見かけた動物の頭(片方の牙が折れた象)をガネーシャに据えたお話はあまりにも有名

ガネーシャは知恵を司る学問神、あらゆる障害を除いて成功に導く、大変縁起のよい神様として信仰されています。

5人兄弟の末っ子は、聡明にて美男子な双子兄弟

ナクラとサハデーヴァ 双子の兄弟

ナクラとサハデーヴァは、インドの叙情詩マハーバーラタで登場するパーンダヴァ5人兄弟の末の双子

双子の一人、ナクラは、最も美しく、道徳と利に関わる事柄に精通し、聡明であったそうです。

もう一人のサハデーヴァは、パーンダヴァ5人兄弟で最も賢く、剣の名手で、馬術を修め、医術も習得し、獣医学、政治学、人道にも精通していたとか。

インターコンチネンタルバリ リゾートにある2つのミーティングルームには、それぞれ彼らの名前が付けられており、肖像画が掛けられています。

書物を捧げて祈ろう!バリヒンドゥー教の女神サラスワティ

サラスワティは、学問、英知、芸術を司るバリの女神で、学生、学者、教師、科学者たちに絶大的な信仰を集める神様。

サラスワティの日は、バリのウク暦に基づき210日ごとに祝われています。その前日には、本やロンタル椰子の葉で出来た巻き物の書物が神様に供えられられます。

美少女の女神像が神棚のように飾られているラウンジ

パディプラダ

リゾートのラウンジの壁には“プランキラン”と呼ばれる神棚が備え付けられており、金色に輝くデウィスリと少女の女神パティプラダ(金色の稲穂)像が祀られています

米と豊穣の神様デウィスリは、死ぬと胸は果実に、爪は花咲く植物に、腕は丈夫なチークの木、指は砂糖きび、足は竹、最後に左目は赤米に、右目は白米になり、大地に、恵みがもたらされたという伝説が残されています。

世紀の発見といわれる五人の女神、その石像の精巧なレプリカ

5人の女神

沐浴場にインスパイヤされたバリネーズプールでは、鉢を抱える五体の女神像が渾々と水を注ぎ続けています。

これらは、世紀の発見とも言われるバリの『象の洞窟』ゴアガジャ遺跡で発見された石像のレプリカだそう。元々は七体あり、遺跡に現存するのは六体とのこと。是非実物を見に出掛けたいものです。

いかがでしたでしょうか。インターコンチネンタルバリリゾートでは、バリアートをより身近に楽しんでもらおうと、日本語で解説がつけられているアートブックの他にアート作品専用のリゾートマップを制作しています。

まさに滞在するだけで、バリの歴史的な美術品をじっくり楽しむことができますよ。

「インターコンチネンタルバリ リゾート」にわみず氏のアート作品も仲間入り

わずみ氏が描くリゾートの風景

インターコンチネンタルバリ リゾートは、斬新な方法で老舗リゾートの美を表現しています。

JR西日本の夏旅キャンペーン、グリコ、キリンビバレッジなどのイラストを次々と手掛けた新進気鋭のアーティスト、わみず氏がホテルの伝統美を温かなイラストで描いているのをご存知でしたか?

わずみ氏が描くリゾートの風景2

彼が実際に滞在して描いた風景が、新たなアートピースとしてリゾートに新しい魅力を吹き込んでいます。

こちらもまた、見逃せないポイントになっています。

人生の節目で何度でも訪れたいリゾート

人生の節目をリゾートで迎える

インターコンチネンタルバリ リゾートは、人生の節目で何度も訪れたくなるリゾート。

ハネムーンで訪れた夫婦が、子どもを伴って帰ってくる”田舎”的存在のホテルでもあり、親孝行を兼ねて三世代でバカンスを過ごす家族も多く見かけます。

ジンバランというロケーションの良さ、食事の美味しさ、リゾートの落ち着き、広大な敷地とサンセット、ビーチへのアクセスの良さなど、世代を超えた人気ぶりに納得がいきます。

乾季の8月はバリのベストシーズン

家族旅行で訪れたバリ

私たちが家族とともに訪れた8月は、乾季に当たり、バリのベストシーズンと呼ばれています。

カラりと晴れて、軽井沢が海に引っ越して来たかのような涼しさでした。

ジンバランビーチ

歩ききれないくらい長いホワイトサンドビーチを散歩する母の笑顔。おばあちゃんと手を繋いで歩く息子の後ろ姿はいまでも忘れられません。

イラストレーターのわみずさんも同じ光景を想像したのかな?ショットのアングルが偶然にも重なりました。

家族写真のアングルがイラストに似てる

複数の家族や長寿のお祝い、リゾート結婚式でバリ島を訪れる機会があれば、ぜひ「インターコンチネンタルバリ リゾート」に。バリ島らしい体験や文化に触れられる絶好のチャンス。

老舗リゾートでなければ味わえない、最高のロケーションでお待ちしています。

インタコンチネンタルバリ リゾート概要

インターコンチネンタルバリリゾート概要

開業は1993年。ジンバラン湾側に開けて建つのでリゾートからは美しいサンセットが楽しめます。歴史を重ねた庭園の美しさも格別。数々の国際的な賞を受賞した5つ星リゾートの主な施設をご紹介します。

客室は3つのカテゴリーからチョイス可能

ジンバランデラックスルーム
ジンバラン デラックスルーム

カテゴリーは「リゾート クラシック」「シンガラジャ」「クラブ インターコンチネンタル」の3つ。

最もリーズナブルに宿泊できる「リゾート クラシック」は49㎡の広さで、エキストラベッドを入れれば大人3名まで、小さいお子様連れならキングサイズベッドで添い寝も可能です。

プレミアムデュプレックススイート
2017年に改装されたプレミアムデュプレックススイート

バリ島アート作品がかざられている「シンガラジャ」。最も客室数が多いカテゴリーで、「シンガラジャ コンシェルジュ」と専用レセプションが用意されています。

豪華な専用ラウンジと数々の宿泊特典が嬉しい「クラブ インターコンチネンタル」。長寿を祝う旅行でご両親にぜひプレゼントしてもいいですね。

複数家族や大人数家族で一緒に賑やかに過ごしたい場合は、ヴィラタイプはいかがでしょうか。2階建て「ジバナヴィラ」「インペリアルヴィラ」は、大人6名(大人3名・子ども3名)まで宿泊可能です。

バリらしい滞在が満喫できる6つのプール

メインプール
メインぷr-る

美しい海岸線とジンバラン湾を見渡すリゾートガーデンの中央に広がるのがメインプール。小さいお子様連れでも利用できるよう、深さが浅いところも用意されています。

プールサイドにガーデンレストランやプールバーもあり、1日ゆったり過ごせますよ。

伝統的な石壁をデザインした噴水口から流れ落ちる水が印象的。バリ島にかつてあった水の宮殿をイメージしてつくられているのがバリニーズ バス プールです。

バリニーズ バス プール
バリニーズ バス プール

その両側には噴水がついた小さなファン プールが2つ。お子様連れにおすすめです。

メインプールにつながる石橋の横にあるのがファウンテン プール。噴水のついた伝統的なバリ様式でデザインされており、喧騒を離れて静かに過ごしたい方にはおすすめのエリアです。

この他、クラブ インターコンチネンタル宿泊者専用のプールがあります。

お子様連れの家族旅行にうれしいレジャープログラム

お子様連れで楽しむレジャープログラム

リゾート内には4歳から12歳までのお子様が利用できる、専用の託児施設「プラネット トレッカー。毎日9時~10時までオープンしており、食事を含めたアクティビティをリーズナブルな料金で提供しています。

4歳未満のお子様向けには、プロのナニーサービスも用意。何かあったときには、両親へすぐに連絡してくれるので安心です。

バリを楽しむアクティビティが充実

ジンバラン村を見学するサイクリングツアーやバリ料理のクッキングクラス、サンライズ ヨガ、伝統的なバリの舞踊や音楽、木彫りを習うクラスなど、ここでしか楽しめないアクティビティがたくさん!

バリ音楽レッスン

無料で体験できる伝統的なガムラン音楽の入門クラスは、お子様とご一緒に参加OK!独特な音色をご家族で楽しんでみては?

ジンバラン湾を臨む「スパ ウルワツ」

バリ島を訪れたらぜひ体験して帰りたいのがスパ。大変リーズナブルな値段で極上の癒しが魅力的です。

スパウルワツ

トリートメントが受けられる1人用の個室の他、カップルで施術可能なヴィラタイプのトリートメントルームも!ヴィラの中庭にプライベートバスやスイミングプールや葺き屋根のバレも完備。

ヴィラ リトリート
ヴィラ リトリート

バリ島の風に吹かれながらのバリニーズマッサージは至福のひと時です。

リゾートにご滞在のゲストなら、スチームルーム、サウナ、ジャグジーが無料で利用可能。屋外にサンベッドが並ぶリラクゼーション ガーデンがあります。

バリ料理から各国料理まで飽きずに楽しめる多彩なレストラン

サンセットを楽しみながら食事を

インターコンチネンタルバリ リゾートには、すべてのゲストが利用できる5つのレストランがあります。

地元産の果物や野菜の他、リゾート専用のオーガニック菜園で栽培された食材を使用。地元漁師のボートから毎日水揚げされたばかりの魚介類を使ったグルメは、ゲストから大好評です。

タマンギタ 屋外テラス
タマンギタ(TAMAN GITA)

メインの朝食会場になっている「タマンギタ(TAMAN GITA)」。室内の他、美しいラグーンや芝生を望む広々とした屋外テラス席があり、美しい庭園ではガムランの生演奏も行われています。

インドネシア、欧米、アジア料理などインターナショナルなビュッフェスタイルのメニューで、お子様向けのコーナーもあるのが嬉しいポイント。

サンセットビーチバー&グリル
サンセットビーチバー&グリル

ランチやディナー、軽食など、終日カジュアルな食事が楽しめる「サンセットビーチバー&グリル」は、美しいサンセットを臨む屋外にあります。

特に好評なのが、ディナータイムのシーフードのグリル!おなじみのカクテルをコンテンポラリーにアレンジしたここだけの味が楽しめるのも魅力の一つです。

メインプール横にある「ジンバラン ガーデン」は、終日オープンのカジュアルレストラン。屋根付きの席と木製デッキ上のオープンテラス席があります。

「ジンバラン ガーデン」
「ジンバラン ガーデン」

地元で水揚げされた新鮮なシーフードを使った料理や薪窯で焼いたピザなどの他、伝統的なインドネシア料理も楽しめます。

ご両親の長寿のお祝いや家族で特別な食事を楽しみたい場合におすすめのレストランが2つ。一つ目は、本格的なイタリア料理が楽しめる「ベラ クッチーナ」です。

「ベラ クッチーナ」
「ベラ クッチーナ」

ワインセラーが併設され、プライベート ダイニング ルーム(16席)もあるので、ゆっくり贅沢な時間を過ごせます。

二つ目は和食が楽しめる「矼(こう)レストラン&カクテルラウンジ」。数々の受賞経験を持つ、バリで長年人気の高級和食レストランとして知られています。

矼(こう)レストラン&カクテルラウンジ
矼(こう)レストラン&カクテルラウンジ

ライブ感たっぷりの鉄板焼きコーナーの他、ダイニングルーム、カクテルラウンジを併設。お寿司やお刺身、天ぷら、日本酒も用意されているので、和食が恋しいという方でも楽しめます。

この他、クラブインターコンチネンタル宿泊者には専用のレストラン(ラウンジ)を用意。混みあうハイシーズンでもゆったり過ごせます。

複数・大人数家族旅行におすすめ!「インターコンチネンタルバリ リゾート」まとめ

バリらしい滞在が楽しめる歴史あるリゾート

学生旅行や社員旅行なら、アクティブにいろいろなマリンスポーツや観光地巡りを楽しむ旅もいいですが、ビーチリゾートの醍醐味はどこにも行かずにまったりと過ごすこと。

目新しい施設やアクティビティが用意された新しいリゾートもいいですが、長い歴史を積み重ね、洗練された趣を持つ老舗リゾートでしか味わえない時間も希少です。

バリの一等地にたたずむ「インターコンチネンタルバリ リゾート」なら、バリならではの贅沢な過ごし方が可能!幅広い世代で滞在してもきっと満足できるのでは?

ハワイやグアムへ複数のご家族で旅行を楽しんだことのある方。次の旅はぜひバリ島へ。「インターコンチネンタルバリ リゾート」でバリアートを満喫してみてはいかがでしょうか。

■取材協力
インターコンチネンタルバリ リゾート
住所:Jl. Raya Uluwatu No.45, Jimbaran, Bali, Kabupaten Badung, Bali 80361

バリ島団体・グループ旅行は「団体旅行ナビ」にお任せ!

団体旅行ナビにお任せ

日本語ガイド付きのオプショナルツアー手配や子どもが楽しめるアクティビティの紹介、ファミリー特典のあるリゾートの紹介など、いろいろなワガママを旅行会社にぶつけてみてください。

要望にぴったりなオリジナルプランとお見積りをWebから24時間まとめてお取り寄せOK!どうぞお気軽にご利用ください。

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

1回の問い合わせで旅行会社からまとめてプランお取り寄せ!

最短1分で入力完了。
今すぐ問合せしよう!

  • 国内旅行 無料一括見積り
  • 海外旅行 無料一括見積り