三角西港

三角西港(みすみにしこう)は、宮城県や福井県にある港と並ぶ「明治三大築港」の1つです。明治期に作られた施設がほぼそのままの形で残っている、日本で唯一の港なんですよ。

1887年に作られたこの港は、全長756mもある石積み埠頭など、当時最先端の技術が施され九州随一の貿易港として活躍しました。

その後、主な積荷であった石炭の需要減少と共に港としての利用は減っていきますが、現在も歴史的に貴重な場所、またレトロ感を満喫出来る観光スポットとして、多くの人が訪れています。

レトロな風景がひろがる三角西港

2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の1つとして、世界文化遺産に登録されました。また、数々の映画やドラマのロケ地としても使用されています。

写真に収めたくなるような風景があちこちに広がる三角西港。
明治・大正ロマンを感じさせる石畳の港湾や、西洋モダン建築、夕陽に照らされた海岸線など、心を動かされるスポットにぜひ足を運んでみてください。

三角西港てどんな所?

三角西港とはどんなところ?

三角西港の近くにある三池炭鉱は、明治期、日本最大の炭鉱として多くの石炭を採掘していました。

この採掘した石炭を運ぶ際、有明海の海底は浅く大型船の出入りが難しかったことから、対岸の長崎県南島原市口之津港から石炭の積み出しを行わなくてはいけませんでした。

時間も手間も労力もかかるこの積み出し作業を効率化させようと、1887年、当時最先端の技術を用いて作られたのが、今回ご紹介する「三角西港」です。

オランダの人水理工師、ローエンホルスト・ムルドルが設計を行い、天草の熟練した石工たちが3年もの歳月を費やして作りあげました
開港に携わった人員は、石工13万8376人、大工8421人、人夫は5万591人、潜水夫300人とも言われています。

三角西港の風景

国外貿易に遅れをとっていた当時の熊本県にとって、三角西港の開港は県民の悲願を叶える一代事業でした。港の落成式の際は、あまりに多くの人が訪れたので、周辺の旅館や民宿だけでは宿が足りず、大矢野一帯の民家でも接待をしたという逸話が残されています。

港の発展と共に、道路沿いには沢山の商店や旅館が並び、埠頭沿いには沢山の倉庫群が建てられました。

石炭積出港として大型船が接岸を可能にした三角西港は、その後の日本の発展を大きく支え、また熊本の発展にも大きく貢献したのです。

三角西港のオススメスポット

三角西港の見どころ紹介

三角西港は、世界文化遺産に登録された歴史的価値のあるスポットですが、明治期のたたずまいが今も残る、胸キュンスポットでもあります。

モダンな建物の数々、海辺からの気持ちの良い潮風、趣ある石畳の道・・、ゆっくり散策することで、時代をタイムスリップしたような感覚に陥ります。写真に収めたくなるスポットが盛り沢山の三角西港で、どっぷりレトロ・ロマンに浸かってください。

高い技術が集結した「石積み埠頭」

三角西港 石積み埠頭

明治時代、熊本県を発展させたいとの思いのもと、新しい港の建設が計画されました。

開港にあたり、当時最先端と言われたオランダの築港技術を導入するため、オランダからローウェンホルスト・ムルトドルという水理工師をが呼ばれ、多くの人員を動員して港の建築が進められます。

三角西港の目玉でもあった石積みの埠頭壁は、高さ6.3m、全長は730mものお大規模なもの。材料となった石材は、対岸にある大矢野島飛岳付近から切り出されました。石積み埠頭は、この石材を45cm〜60cmのブロック状にし、16段積み上げています。

埠頭壁の最上面には182cm×91cm×45cmの巨石が配され、隅角部が曲線形状になっています。この曲線形状を作り出すには高い技術が必要だったんですよ。

職人たちの技術の結晶とも言える石積み埠頭の優美な曲線を、じっくり観察してくださいね。

胸キュンスポットNo1「浦島屋」

三角西港 浦島屋

港や鉄道の建設が予定されていた当時、熊本にはホテルと呼べるような立派な宿泊施設がありませんでした。

そんな中、熊本に立派なホテルをと作られたのが、この「浦島屋」です。三角西港の開港式典の際には、政府高官や来賓の宿舎、休息所として使われました。

また、この浦島屋は1893年7月22日に小説家ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が立ち寄り、「夏の日の夢」という紀行文の舞台になったことでも名を馳せています。

1905年に一度解体されますが、1993年に復元され、現在はその復元された建物を見学することが出来ます。

白い壁面にパステルグリーンの縁取り、モダンな様相はインスタ映え抜群です。また建物内部も、まるで映画のセットのような可愛らしさ。

1階にはカフェが併設され、軽食やドリンクが販売され、ゆっくりくつろぐことが出来ますよ。

三角西港の歴史も展示「龍驤舘(りゅうじょうかん)」

三角西港 龍驤舘

当初、龍驤舘は明治天皇即位50周年記念の建物として建設が計画されましたが、天皇が崩御したため、天応頌徳記念館として公会堂などに使われました。

現在は、三角西港の歴史などが学べる施設として利用されています。破風が付いた屋根と、寄棟造りがキュートな建物。こちらでも、ぜひ記念撮影を!

趣ある建物が魅力「旧高田回漕店(かいそうてん)」

三角西港 旧高田回漕店

1902年以前に建てられたと言う「旧高田回漕店」は、4隻の船を持ち、海運業を営んでいました。1階は海運業事務所、2階は旅館として旅客用に開放していたようです。

建物は復元されたものですが、宇城市有形文化財に指定されるなど、時代が色濃く刻まれた建物です。現在、内部を見学することが出来ます。

心が洗われる絶景が臨める「日没」の港

三角西港 日没

日没時間の三角西港では、それはそれは美しい光景を見ることが出来ます。淡く温かな赤い光線が海に吸い込まれていく様は、心洗われるようです。

熊本市内へ車で帰る際、海沿いの国道57号線を通ることになるかと思います。この道路沿いでも美しい夕焼けを見ることが出来ますよ。

<おまけ>もっと絶景を堪能したいなら、「三角西港展望台」へGo!

絶景ポイント・三角西港展望台

三角西港を一望するなら、「三角西港展望台」に登ってみましょう。展望台からは、港を含め有明海や周辺の山々を見渡すことが出来ます

時間によって違った表情を楽しめるので、何度でも足を運びたくなりますよ。

基本情報

三角西港
住所:熊本県宇城市三角町三角浦
問い合わせ先:0964-32-1111

三角西港周辺のおすすめ観光スポット

三角西港 周辺観光

三角西港周辺には、自然と共に楽しめる観光スポットが数多くあります。美しい景色が堪能出来る、おすすめスポットへご案内しましょう。

日本でも稀な、蘭を専門に扱う「花のがっこう」

花のがっこう

「花のがっこう」は、広い園内に蘭の花が咲き誇る蘭のテーマパークです。花のがっこうがある戸馳島は、胡蝶蘭などの蘭の栽培が盛んで、年間150万株もの蘭を出荷しているんです。

蘭の魅力を学ぶことが出来る、日本でも稀なスポット。

蘭のクローン栽培の様子が見学出来たり、洋蘭が通年栽培されている温室ハウスで花にみとれたりと、普段あまり触れることがない蘭について、詳しくなれる施設です。

世にも不思議な不知火が見られる「永尾神社」

永尾神社

713年に創建された「永尾神社」は、別名「剣神社」とも呼ばれる海の中に鳥居が建つ神社です。

海童神(わだつみのかみ)をお祀りし、胃腸病にご利益があると言われています。神様がエイに乗って海の中からやって来たとの伝説があり、境内にはエイの絵や絵馬が飾られています。

また永尾神社は、旧暦8月1日の八朔前後に現れる「不知火」の観望所としても知られています。

不知火とは心綺楼の一種で、海上に不思議な火が現れるのだそうです。昔の人は、この現象を妖怪の仕業と考えていたようです。

不知火に出会えなくても、神秘的な光景に包まれる夕陽の絶景は、通年通して楽しめます。海の中に建つ鳥居が、大変神々しく輝くんです!!

基本情報

■花のがっこう
住所:宇城市三角町戸馳373-3
問い合わせ先:0964-53-0550
営業時間:10時~17時
定休日:木曜日

永尾神社
住所:宇城市不知火町永尾615
問い合わせ先:0964-32-1111

三角西港までのアクセス(行き方)は?

三角西港 アクセス

三角西港周辺の観光スポットは、自然あふれる地であるが故、公共交通機関での移動がやや不便です。そこでおすすめしたいのが、とっても便利な貸切バスの利用。

団体旅行をお考えなら、荷物や乗車券の手配、出発時間など、色々気にしなくてはいけませんよね。

でも貸切バスを利用すれば、どんな所にもスイスイ、時間を気にせず移動出来ます。また荷物を沢山積み込むことが出来るので、お土産を買い込んでも安心です。

下記に公共交通機関を含め、三角西港へのアクセスをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

<貸切バス>
・熊本空港から国道57号経由で約1時間
・熊本駅から国道3号・57号経由で約50分
・松橋インターチェンジから国道57号経由で約50分

<公共交通>
・JR三角駅から九州産交バス小田良・宇土駅行きに乗り約10分

▼熊本旅行・関連記事

九州・熊本への団体・グループ旅行はお任せ!

エージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り
熊本はもちろん、福岡や佐賀、大分、宮崎、鹿児島との九州周遊など、いろいろなワガママを旅行会社にぶつけてみてください。

要望にぴったりなオリジナルプランとお見積りをWebから24時間まとめてお取り寄せOK!どうぞお気軽にご利用ください。

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

1回の問い合わせで旅行会社からまとめてプランお取り寄せ!

全国200社以上の旅行会社が精鋭参加中。お客様の出発地に近い窓口をご紹介します。

プランや見積り、旅行会社のサービスをしっかり比較して、団体・グループ旅行を成功させましょう!

最短1分で入力完了。
今すぐ問合せしよう!

  • 国内旅行 無料一括見積り
  • 海外旅行 無料一括見積り