宝川温泉

宝川温泉 基本データ

延べ面積470畳にも及ぶ湯船に、余すことなく天然温泉が掛け流し。天下一の露天風呂に入りに宝川温泉へ行こう!

所在地 群馬県利根郡みなかみ町
泉質 単純温泉
効能 神経痛、筋肉痛、胃腸病など
アクセス 電車/JR上毛高原駅から関越交通バス・宝川温泉行きで1時間5分、またはJR上越線水上駅から同バス・宝川温泉行きで40分、終点下車
車/関越道水上ICから国道291号、県道63号・264号経由18km

宝川温泉情報

宝川温泉は、群馬県を流れる利根川の最上流、利根郡みなかみ町に位置し、宝川沿いに広がる大自然の中にあります。

4つの巨大露天風呂で有名な一軒宿「「汪泉閣(おうせんかく)」の温泉で、日帰り入浴ができるため、宿泊者ばかりでなく入浴を楽しむ人で一日中賑わっています。

ヤマトタケルノミコトが一羽の白鷹に導かれ、ここで癒したという伝説があります。

宝川は、文字通り、宝のとれる川の意味で、昭和の初めまで銅山として採掘が行われていました。

天下一といわれる大露天風呂は、混浴が三つと女性専用が一つの計4つ、延べ面積470畳にも及ぶ湯船に、余すことなく天然温泉が掛け流しされています。

無色透明、微香の弱アルカリ性単純泉で、源泉は敷地内に4本あり、温度は40度~68度で、総湯量は毎分ドラム缶10本分という約1,800リットル。

この湯量のおかげで、あの大きな露天風呂を維持できています。

現在は自噴しているものは枯れてしまいましたが、説によると、新潟県で100年ほど前に降り積もった雪が、地下水となり、涌き出ているとの事です。

キノコや山菜などの山の幸や、イワナやヤマメ、カジカ、イトウなどの川魚料理といった、自然の恵み豊かな宝川温泉の天下一の大露天風呂を味わいに、ぜひお出かけください。

群馬へ団体・グループ旅行は「団体旅行ナビ」にお任せ!

エージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り