知床五湖のエゾシカ
知床五湖のエゾシカ

プライベートの旅行と違い、人数や性別、年齢など考慮しなくてはいけないことが多い社員旅行。幹事さんは行き先を決めるだけでも大変ですよね。

そこで、「社員旅行の行き先ってどうやって決めればいいの・・・?!」と悩む幹事さん必見!社員旅行専門の旅行会社に取材して、実際にお客さんから好評だったオリジナルプランを厳選してお届けします

今回、東京にある旅行会社・ワールドプランニングオフィスに教えていただいたのは、世界遺産知床や阿寒湖など北海道の道東エリアを周遊する2泊3日社員旅行プラン。雄大な大自然と野生動物、新鮮な魚介類を堪能します!

大自然の景観!道東エリア周遊2泊3日モデルコース

阿寒湖のフロストフラワー
阿寒湖で見られるフロストフラワー

羽田から女満別まで飛行機でひとっ飛び!現地では、貸切バスで移動するのが便利かつリーズナブルです。

大自然北海道は、訪れる季節により様々な魅力を見せてくれます。道東の自然や色、文化に触れることができるウトロ温泉と阿寒湖温泉に宿泊します。

旅行会社からのコメント

「知床世界遺産の魅力、大自然を体感する!!山の野生動物に出会えるチャンス!!」

【1日目】

スケジュール
AM 羽田空港出発−女満別空港着
 ↓
小清水原生花園(見学)
 ↓
斜里
 ↓
オシンコシンの滝(見学)
 ↓
知床観光船(海上からの世界遺産知床の景観を鑑賞)
 ↓
ウトロ温泉着・宿泊

【2日目】

スケジュール
チェックアウト
 ↓
知床五湖(高架木道を散策)
 ↓
道の駅 知床・らうす
 ↓
標津サーモンパーク
 ↓
標津
 ↓
摩周湖(見学)
 ↓
阿寒湖温泉着・宿泊

【3日目】

スケジュール
チェックアウト
 ↓
阿寒湖・阿寒湖遊覧船
 ↓
釧路湿原展望台(展望)
 ↓
釧路フィッシャーマンズワーフ MOO(海産物)
 ↓
PM 釧路空港発−羽田空港着

【1人当たりの予算目安:8万円〜】
料金に含まれるもの:
●貸切大型観光バス(3日間)チャーター費用
●宿泊料金(2泊4食付き)
●施設見学料
●旅行保険料
料金はあくまでも概算です。出発時期やプラン内容によって変わりますので、お気軽に「団体旅行ナビ」にご相談ください!

団体旅行 無料一括見積り

モデルプランの見どころをチェック!

今回の知床・阿寒湖周遊2泊3日社員旅行の見所を、ダイジェストでご紹介しましょう。

砂丘に広がる天然の花畑「小清水原生花園」

小清水原生花園

オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)の間に、約8kmに渡って細長く伸びる海岸砂丘。そこに広がる天然の花畑が、小清水原生花園です。

初夏から9月下旬にかけて、クロユリやエゾスカシユリ、北海道で唯一群生しているエゾキスゲ、ハマナスなど約40種類の花が砂丘を彩ります。展望台に上ると、オホーツク海と濤沸湖を臨む360度パノラマの景色が目の前に広がります。

小清水原生花園の遊歩道からは、オホーツク海を望む日本最北の鳴き砂海岸へと降りることもできますよ。

基本情報

小清水原生花園
所在地:北海道斜里郡小清水町元町2-1-1
問合せ先:0152-62-2311

知床八景の一つ「オシンコシンの滝」

夏のオシンコシンの滝

流氷がもたらす独特な食物連鎖と、絶滅危惧種や希少な動植物が多く生息していることから世界遺産に登録されている知床半島。知床連山を境に、西側の斜里町と東側の羅臼町で大きく二分されています。

その斜里町にあるオシンコシンの滝は、標高70m、落差50m。知床八景の一つに数えられ、日本の滝100選にも選ばれています。

オシンコシンの滝

名前の由来はアイヌ語で「川下にエゾマツが群生するところ」と言う意味の「オ・シュンク・ウシ」。途中で流れが二つに別れる分岐瀑で、「双美の滝」と言う別名も持ちます。

滝の上には展望台があり、遠くオホーツク海や知床連山を見渡すことができます。展望台からの景色は夏の青い海も素敵ですし、流氷が浮かぶ冬のオホーツク海は息を飲む絶景です。

基本情報

オシンコシンの滝
所在地:北海道斜里郡斜里町ウトロ西
問合せ先:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

世界遺産・知床を海から探索!「知床観光船」

知床遊覧船

世界遺産知床を海から探索できる観光船。小型のクルーザーから大型船まで様々なタイプがあり、コースも複数あります。

1時間程のコースで手軽に観光するもよし。少し時間はかかりますが、知床に多く生息するイルカやクジラ、ヒグマとの遭遇率が高いエリアまで行くもよし。

冬限定の流氷クルーズも人気ですし、知床ならではの断崖絶壁や奇岩も見所です。

基本情報

知床観光船

オホーツク海に沈む夕陽が美しい「ウトロ温泉」

ウトロ温泉

知床半島の中ほどに位置する温泉地・ウトロ。「オシンコシンの滝」の他、同じく知床八景で夕陽の名所「オロンコ岩」「夕陽台」も有する景勝地でもあります。

語源はアイヌ語で『その間を-我々が-通る-所』を意味する「ウトゥルチクシ 」。道の駅や土産物屋などもあり買い物も楽しめます。

知床のお土産といえば毛ガニや鮭などの海産物が王道ですが、知床ならではのトド肉も購入できますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

基本情報

ウトロ温泉
所在地:北海道斜里郡斜里町ウトロ

多くの野生動物が棲む美しい湖「知床五湖」

知床五湖
高架木道から眺める一湖

ウトロ温泉から車で20分程離れた湿地帯にある、知床五湖。ヒグマやキタキツネ、エゾリス、エゾシカなど多くの野生動物が生息しています。

散策用に地上遊歩道と高架木道があり、地上遊歩道は3.6kmの大ループと1.6kmの小ループがあります。小ループは一湖と二湖を、大ループならすべての湖を間近で観察することができますが、どちらもヒグマの出没情報が出ると閉鎖されるほか、10分程の事前レクチャー(15名以上は要予約)を受ける必要があります。

団体でスムーズに観光したい場合は、往復1.6kmの高架木道がおすすめ。ヒグマ対策で電気柵が張られていて安全ですし、地上とはまた違った視線から知床の自然を観察することができます。

基本情報

知床五湖
所在地:北海道斜里郡斜里町遠音別村
問合せ先:0152-24-3323(知床五湖フィールドハウス)

新鮮な海の幸はいくら食べても別腹!「道の駅 知床・らうす」

道の駅知床・らうすのウニ丼

知床半島の東側、羅臼町。漁業が盛んな羅臼町では、羅臼昆布、エゾバフンウニ、鮭、真ほっけ、助宗鱈など一年中豊かな海の幸が水揚げされます。

道の駅 知床・らうすでは、羅臼の海産物をお土産に購入したり、食堂で新鮮な海の幸を堪能できます。エゾバフンウニのウニ丼はほっぺたが落ちる美味しさですよ。

基本情報

道の駅羅臼
所在地:北海道目梨郡羅臼町本町361-1
問合せ先:0153-87-5151

観察して触って食べて楽しむ!「標津サーモンパーク」

鮭

国内有数の鮭の産地として知られる標津町。標津サーモンパークは、鮭を研究観察、展示紹介、食としても提供している鮭づくしの施設です。

サーモンパークの中心施設「サーモン科学館」は、鮭に特化した水族館。18種30種類以上の鮭の仲間を展示していて、秋になると標津川とつながる『魚道水槽』では、鮭の遡上や産卵を観察することができます。

他にも『チョウザメ指パク体験』『巨大チョウザメ「腕ガブ」SHOW』などここならではの体験も楽しめます。鮭づくしのレストラン「サーモンハウス」では、ソフトクリームの上に鮭節とイクラが乗った『イクラソフトクリーム』にぜひチャレンジしてみてください!

基本情報

標津サーモンパーク
所在地:北海道標津郡標津町北1条西6-1-1
問合せ先:0153-82-1141

日本で最も透明度の高い湖「摩周湖」

摩周湖

摩周湖は、日本で一番透明度の高い湖。世界を見ても、ロシアのバイカル湖についで二番目を誇ります。

アイヌ語では「キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)」。「霧の摩周湖」とも呼ばれ、一年の3分の1は霧に包まれています。

高さ300〜400mの断崖に囲まれたカルデラ湖なので、見学は展望台から。摩周湖独特の青色『マシューブルー』の美しい湖面が眼下に広がります。

基本情報

摩周湖
所在地:北海道川上郡弟子屈町

アイヌの文化にも触れられる「阿寒湖温泉」

阿寒湖温泉

探検家・松浦武四郎が1858年、阿寒湖周辺を探索した時にはすでに、先住民族であるアイヌの人々が利用していたという阿寒湖温泉。現在は、ホテルや旅館、土産物屋などが立ち並ぶ温泉街となっていますが、すぐそばには道内最大級のアイヌコタンがあります。

阿寒湖周辺の湿地はラムサール条約に登録されていて、湖には特別天然記念物のマリモが自生。キタキツネ、エゾシカ、丹頂鶴など多くの野生動物が生息する豊かな大自然が残されています。

お宿や周辺の飲食店では、ワカサギやヒメマス、ウチダザリガニなど阿寒湖ならではの味覚が堪能できます。アイヌコタンではアイヌの伝統舞踊を見学したり、伝統的な木彫りや刺繍の体験などもできますよ。

基本情報

阿寒湖温泉
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
問合せ先:0154-67-3200(阿寒観光協会)

特別天然記念物のマリモに出会える!「阿寒湖遊覧船」

阿寒湖遊覧船

阿寒湖は、今から約16〜18万年前の噴火によってできたカルデラ湖。遊覧船では、周囲30km・最大水深45m、大島・小島・チュウルイ島・ヤイタイ島と4つの島を有する阿寒湖を、約1時間半かけて散策します。

チュウルイ島にあるマリモ展示観察センターではマリモの観察ができるほか、屋上の展望スペースからは阿寒湖周辺の雄大な風景をぐるりと見渡すことができます。冬には湖面が全面凍結するため、遊覧船は出航しませんが、ワカサギ釣りやスノーモビル、四輪バギーなどのウィンターアクティビティを楽しめます。

また、水蒸気が凍って結晶となった「フロストフラワー」や湖底から湧き上がる気泡が凍ってできる「アイスバブル」など、神秘的な氷の芸術も見ることができるかも知れません。冬が終わる4月中旬~下旬には、湖面の氷を砕きながら進む「砕氷クルーズ」に乗ることができますよ。

基本情報

阿寒湖観光汽船
所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-20
問合せ先:0154-67-2511(代)

たくさんの命を育む美しい湿原「釧路市湿原展望台」

釧路市湿原展望台
サテライト展望台から眺める釧路湿原

こちらもラムサール条約に登録されている、釧路湿原。釧路市の北部など4市町にまたがって広がり、その面積は約2万6000haにも及びます。

湿原の中を釧路川が流れ、塘路湖、シラルトロ沼、ポン沼、サルルン沼など大小様々な湖沼が点在。イトウやキタサンショウウオなどの希少な生き物を始め、鳥類約200種、哺乳類39種、爬虫類5種、両生類4種、魚類38種、昆虫類が約1100種など多くの生き物の棲家にもなっています。

釧路湿原には釧路市湿原展望台と、そこから遊歩道で繋がっているサテライト展望台があります。サテライト展望台では、たくさんの命を育む美しい湿原を360度見渡すことができます。

基本情報

釧路市湿原展望台
所在地:北海道釧路市北斗6-11
問合せ先:0154-56-2424

釧路のお土産が揃った「釧路フィッシャーマンズワーフ MOO」

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

釧路川沿いのウォーターフロントに建つ複合商業施設・釧路フィシャーマンズワーフ MOO。ショッピングゾーンでは、鮮魚、干物などの加工品、お菓子やお酒、工芸品などを販売していてお土産購入にぴったり。

釧路は炉端焼き発祥の地。「岸壁炉端焼き」や「釧路・港の屋台」で釧路の海の幸・山の幸をいただくのも一興です。

基本情報

釧路フィシャーマンズワーフ
所在地:北海道釧路市錦町2-4
問合せ先:0154-23-0600

■取材協力
ワールドプランニングオフィス

2泊3日社員旅行バスツアーは「団体旅行ナビ」にお任せ!

社員旅行お任せ画像

団体旅行 無料一括見積り

今回は、羽田空港発着で知床・阿寒湖など道東エリアを周遊するモデルプランでした。アクティビティをもっと入れたいなどのアレンジももちろんOK!

「ワールドプランニングオフィス」は、首都圏を始め日本国内・国外への社員旅行に詳しい旅行会社です。オリジナルプランならではのユニークな企画や、希望に合わせた柔軟なスケジュールを提案してくれますよ。

東京出発で社員旅行をお考えなら、ぜひ頼りにしてくださいね。

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

1回の問い合わせで旅行会社からまとめてプランお取り寄せ!

全国200社以上の旅行会社が精鋭参加中。お客様の出発地に近い窓口をご紹介します。

プランや見積り、旅行会社のサービスをしっかり比較して、団体・グループ旅行を成功させましょう!

団体旅行 無料一括見積り