ボルダリング体験

「一生に一度はやってみたい!」と思っていることはありませんか?

そんな体験の実行をお手伝いするための連載「一生に一度の体験特集」。
1回目は「スカイダイビング体験」を特集しました。

さて2回目は・・、「岩山を登る(=ロッククライミング)」についてご紹介していきます。

近年、「クライミング」という言葉をよく聞くようになったと思いませんか?

テレビなどで放映されるロープ1本で断崖絶壁を登っていく人たちには、「ほースゲー」と感心してしまうばかりです。

自分も1度はあんな勇姿を見せたいものだ・・と思うなら、早速見せましょう!!
ボルダリングにチャレンジ!

ボルダリングなら初心者でも「クライミング」体験ができる

・・とは言っても、さすがに切り立った岩山は、簡単に登れるものではありません。初心者ならなおのこと、命の危険すらあります。

「でも、そのためにトレーニングするのもなあ」と、怠惰の心は叫びます。
そこで、初心者でも簡単にクライミングを体験できる「ボルダリング」なんてどうでしょう?

色とりどりのホールド(とっかかり)がある人工壁を登るボルダリングというスポーツは、テレビCMなどにも使われているので見ればきっと分かるはず。

2020年東京オリンピックの正式種目にも決まって、ブレーク必至の注目競技でもあるんですよ。

ボルダリングをもう少し詳しく

ボルダリングとは?

ボルダリングは、ロープやハーネス(ロープを体に結びつけるためのベルト)などを装着せずに、シューズと滑り止めの粉だけでクライミングします。
要は、特殊な装備を用いず、自分の手足を使って壁を登るわけです。

4〜5m前後の壁を登るのですが、床にはふわふわのマット(厚さ30cmほど)が敷いてあって、命の危険性はなさそう。

ボルダリング施設の人は、「腕力や体格に左右されないので、女性も子供も気軽にできます」とにこやかに話します。(梯子を登れれば大丈夫だそうです)

「力任せに登ったら、バランスを崩して落ちてしまいます。また、次にどのホールドに足をかけたら良いか、瞬時に判断する必要があります。」

腕力よりも、むしろバランス感覚や頭を使う、奥の深〜いスポーツなんですって。

「グリーンアロー妙典店」はボルダリング初心者から経験者までOK!

ボルダリングを体験できる施設は、今やいたるところに見つけられます。
(それだけ、誰にでも簡単に始められるってことですね・・。)

今回ご紹介する「グリーンアロー妙典店」は、「95°」「黒岩さん」「BIG WAVE」など、面白い名前のついた様々なウォール(人工壁)が設けられていて、初心者から経験者まで楽しめます。

ボルダリング施設「グリーンアロー」
(写真提供:グリーンアロー)

また「グリーンアロー妙典店」には、ボルダリング施設には珍しいカフェスペースまであって、1杯120円でコーヒーやホットココアが楽しめるんです。
スポーツの後の1杯・・、これは、たまりません。(お酒はないですけどね)

「グリーンアロー妙典店」でボルダリング体験をやってみるまでの流れ

ボルダリングは、ほとんど装備が必要ないので「手ぶらで体験」も可能です。
「グリーンアロー妙典店」でボルダリング体験をする場合・・

(1)動きやすい服装(Tシャツに短パンでOK)に着替え、クライミングシューズ(レンタルあり)を履く
ボルダリングの服装

(2)説明を聞き、スタッフと一緒に登ってみる(同じ色のホールドを登らなくてはいけないなどのルールがある)
ボルダリングを体験してみる

(3)ボルダリングのやり方が理解できたら、後は自分の登りたい壁を自由に登ってみる
自由にクライミング

ボルダリングの醍醐味

ボルダリングはウォールの高さが低いので、登る人とそれを見る人の距離が近くなります。

すると、他の人が登っている様子をつい観察・・。
一生懸命、壁と格闘する姿を目にすると、知らない人でもつい「頑張れ」と応援したくなってきます。

また反対に自分が登っている時に、「ファイト!」と声をかけてもらったりすると・・、顔がニヤけてしまうでしょう?

そう!!ボルダリングは、みんなでワイワイ盛り上がれるのも魅力の1つ。
自分の勇姿を沢山の人に見てもらえ、さらに声援までもらえます!

大人数で楽しめるボルダリング
(写真提供:グリーンアロー)

でも前述した通り、ボルダリングは頭を使う奥の深いスポーツでもあるので、ニヤけるだけでは終わりません。
同じ壁を登るにしても、その都度に、次々と新しい課題が出現します。

それを乗り越える原動力も、また一緒に登る(知らない)人たちだったりするんですよね。
「そこの部分は、こっちのホールドに足をかけた方が良いよ」とか・・。
アドバイスだけでなく、他の人が登っているところを見ているだけでも勉強になります。

ボルダリング中は、頭は常にフル回転。
あまりに熱中して、時間が経つのを忘れてしまいます!

ボルダリングを極めれば「岩山に登る」ことも可能に!?

ボルダリングを極めれば岩山のクライミングも可能!?
(写真提供:グリーンアロー)

ボルダリングは、そもそも岩山などを登るクライマーたちが気軽にできる訓練として始めたことがその起源とされています。

だからボルダリングを極めれば切り立った断崖絶壁を登ることも!!(次のステップに進むかどうかはあなた次第ですが・・。)

一生に一度の体験「ボルダリング」まとめ

人工壁だからといって、ボルダリングを侮ってはいけません。
実際に壁を目にすると、かなりの傾斜におののきます。

自然の山々ではないですが、110度や130度の急勾配は、断崖絶壁と形容していいでしょう。

装備や費用もそんなにかからないので、(実際に山に登るとなると、装備にかなりの金額がかかります)、思い立ったら即実行に移せることも魅力的・・。

急こう配のボルダリング
(写真提供:グリーンアロー)

それから前述したように、ボルダリングはみんなでワイワイやるとさらに楽しさアップです。

会社仲間や、社内イベントの1つとしても楽しめそうですね。
「グリーンアロー妙典店」は団体の貸切利用も行っています。インストラクターをつけることも可能!

気分を変えて、ちょっと遠くの施設まで足を伸ばすなら、「団体旅行ナビ」をお使いください。
交通機関の手配から、施設や昼食場所の提案まで、一挙にまとめて引き受けます!!

施設紹介

ボルダリングカフェ グリーンアローMYO-DEN
<住所>
千葉県市川市妙典3-4-6
<アクセス>
京葉道路市川ICより車で約5分 湾岸千鳥町ICより車で約10分
東京メトロ東西線妙典駅より徒歩5分
<連絡先>
TEL:047-312-6105
FAX:047-399-7569
<営業時間>
平日 11:00~22:30(月~金曜日)
休日 11:00~21:00(土日・祝日)
<料金>
■平日:男性1,400円〜、女性1,100円〜、学生900円
■土日祝日:男性1,600円〜、女性1,300円〜、学生1,100円〜
■貸切団体:1時間19,000円(貸切利用をする場合は、事前にお店に問い合わせて下さい)
※妙典店では30名程度なら団体利用が可能です

ボルダリング施設紹介

★2017年10月下旬に、新規商業施設「ベイフロント蘇我」1Fに新施設をオープンします。
約100坪の広さのボルダリングパーク!!ご期待ください。

※グリーンアローには妙典店の他にも新小岩店、八千代店、海浜幕張店があります。掲載している写真には、一部妙典店以外の店舗写真も含まれています。