柳川でゆったり川下り観光

堀を巡らせた美しい水郷、柳川市。川下りで有名な福岡の観光名所の1つです。

美しい景色や町並みを舟から堪能でき、町や遊歩の風情にうっとりとする、そんな情緒溢れる雰囲気が楽しめます。

また、北原白秋記念館や緒花など、歴史と文化を感じられるスポットでもあります。

「柳川という名前は知っているけど、一体どんな所なの?」
「なんで川下りが有名なの?」

そんな幹事さんの疑問を解消するため、まずは柳川の歴史について解説します。

水郷柳川ってどんな所?

柳川ってどんなところ?

柳川は、かつては柳川藩10万9000石の城下町でした。昔ながらの白壁の建物や藩主の別邸などが今も残される、情緒あふれる街並みが特徴です。

柳川といえば「川下り」で有名ですが、この川下りは、江戸時代に柳川城周辺を「どんこ舟」でゆったりと巡る遊びが元となっています。

また柳川出身の詩人、北原白秋の存在もこの川下りに、大きく関わっています。

彼の少年時代を描いた映画「カラタチの花」には川下りをするシーンが登場します。

この映画を観た人たちから「あの船遊びを」との声が多数寄せられ、それがきっかけとなり、今日まで続く川下りが始まりました。

船頭さんの歌や解説を聞きながら、体下に感じる心地よい水の流れを味わいます。四季折々の美しい眺めが心を解きほぐしてくれますよ。

福岡・柳川のオススメスポット

柳川

柳川は、川下りの他にも様々な魅力を有しています。
川下りだけでは終わらない、柳川のとっておきの楽しみ方をご紹介します。

船頭さんの解説も楽しい!「お堀めぐり」

柳川 お堀めぐり

柳河城築城の際、城下町を形成するため人工的に「堀」を掘って、治水など水利体系が整備されました。海に近く低くじめじめした湿地帯に、堀を作るために掘り起こした泥を盛り上げ、乾田を作ったそうです。

また、堀は貯水池として生活用水、農業用水、さらには地下水を涵養し地盤沈下を防ぐなどの役割も果たしていました。これは、今から420年程前の出来事です。

この堀をめぐるのが、柳川の川下り。船頭さんの案内で、約1時間かけて七曲りのお堀を下っていきます

4kmに及ぶこの工程を、船頭さんは竿1本で漕ぐんです。

流れる景色と共に、船頭さんの歌や話に耳を傾けてください。ゆったりとした時間の流れが感じられるはずです。

冬の期間は「こたつ船」も登場しますから、こちらもチェックしてみてください。

歴史を感じる「並倉」は、現在も使われる味噌蔵

並倉はみそ蔵としていまも利用

川下りの途中に見られる「並倉」は、明治期に作られた赤レンガ造りの建物です。この並倉、今も現役で使われる味噌蔵なんです。

3棟の蔵からなるこの建物は、2000年に国の登録有形文化財に指定されました。また北原白秋の詩の中にも、この並倉の情景を歌った詩があります。

今日では、映画などのロケ地としても使われ、何処かでみたな?と思われる方もいるかもしれません。

柳川生まれの詩人「北原白秋生家・記念館」

北原白秋生家・記念館

日本を代表する詩人・童謡作家である北原白秋。

処女詩集となった「邪宗門」や都会の情景を歌った「東京景物詩」、「待ちぼうけ」など、数々の作品が知られています。

北原白秋は1885年、柳川の海産問屋を営む家に生まれました。早稲田大学在学中の1909年に「邪宗門」、その2年後に詩集「思い出」を発表し、多くの人に知られる存在に。

晩年には、柳川を舞台にした写真と文章が収められた「水の構図」を発表します。

北原白秋の遺構とされる
「水郷柳河こそは、我が生れの里である。
この水の柳河こそは、我が詩歌の母体である。
この水の構図この地相にして、はじめて我が体は生じ、我が風はなった。…」 
からは、故郷柳川への哀愁を感じます。

北原白秋生家・記念館では、北原家の生家と貴重な白秋の著書や遺品などを見ることが出来ます。白秋の切なくも優しい歌の数々が、柳川の情景をより一層輝きあるものにしてくれます。

美しい建物に歴史を感じて!「柳川藩主立花邸 御花」

柳川藩主立花邸 御花

柳川藩主立花家の邸宅として使われていた「御花」は、「立花氏庭園」として国の名勝に指定されています。当時この辺りは「御花畠」といわれていたことから、「御花」と呼ばれるようになったそうです。

現在残されている伯爵邸「西洋館」、「大広間」と美しい庭園「松濤園」からは、江戸時代を通じて柳川藩11万石を治めた立花家の歴史を感じます。

また建物や庭園の他にも、5000点もの美術工芸品を誇る資料館や「鰻のせいろ蒸し」を楽しめるレストランやカフェ、お土産店、ホテルなども併設。

旅行の様々なシーンに対応してくれる柳川藩主立花邸 御花で、旅の思い出をに彩を加えてください。

柳川に行ったらぜひ食べたい「うなぎ」

柳川 せいろ蒸し

柳川の名物として、川下りと共に愛されているのが、うなぎ料理です。江戸時代後期頃からうなぎが名産品として扱われ、梁川藩にとっては大きな収入源となっていたそうです。

うなぎ料理の中でも、ここ柳川で有名なのが、タレを絡めて味付けしたご飯の上に蒲焼きにしたうなぎ、錦糸玉子をのせた「せいろ蒸し」です。

せいろ蒸し発祥の「元祖本吉屋」を始め、40店近いうなぎ料理屋が軒を構え、「せいろ蒸し」他、様々な料理でもてなしてくれます。

あつあつのうなぎの旨みを閉じ込めたご飯は絶品の一言です。団体で利用できるお店もあるので、社員旅行のランチにもオススメですよ。

基本情報

■お堀めぐり
乗船場所や時間等については、こちらをご参照ください。

■並倉
住所:福岡県柳川市三橋町江曲216
問い合わせ先:0944-73-2166(鶴味噌醸造株式会社)

■北原白秋生家・記念館
住所:柳川市沖端町55-1
問い合わせ先:0944-72-6773
営業時間:9時〜17時
料金:大人500円、学生450円、こども250円

■柳川藩主立花邸 御花
住所:福岡県柳川市新外町1
問い合わせ先:0944-73-2189

柳川観光と一緒に楽しみたい、周辺観光スポット

八女茶
筑後地方の名産「八女茶」

旅行には、寄り道も重要。柳川観光のついでに、ちょっと足を伸ばして寄り道してはどうですか?

柳川周辺で訪れられる、オススメスッポットをご紹介します。

ハートだらけの「恋木神社」

恋木神社

恋愛に特化した神社として密かな話題になっている「恋木神社」は、乙女心に火をつける大変キュートな神社です。なんと、神社内のどこもかしこもハートづくしなんですよ。

神社に向かう参道には、筑後の名陶である水田焼のハートの陶板が配され、御神紋にもハートがあしらわれています。他にも神社の至るところにハートのマークが!

恋木神社は、水田天満宮の末社として鎌倉時代に建設され、「 恋命 」をお祀りした神社。

水田神社の御神祭である菅原道真公が、太宰府で生涯を終えるまで思い続けた都の天皇・妻子への御心を 慰めるために作られたと言われています。

「良縁幸福の神様」「恋の神様」として親しまれ、特にバレンタイン時期には沢山の女性達が訪れます。

2月、3月と10月、11月は、おみくじの色がピンクに変わります。ぜひ、神社推奨のハートの結び方で、良縁をゲットしてください。

茶の文化館

茶の文化館

福岡県安女市を中心とする筑後地方は、「八女茶」と呼ばれるお茶の産地です。
あまくてコクがある旨みたっぷりの八女茶の魅力を、五感を通して感じられるのがここ「茶の文化館」です。

ガラス張りの館内からは、美しい景色が眺められます。そんな美しい景色を見ながら、様々なお茶に関する体験や書籍、展示などでお茶について学べますよ。

またカフェやレストランで、実際に試飲・試食も可能。お茶をたっぷりと練りこんだ「茶そば」などは、ここでしか味わえない絶品メニューです。

お茶を石臼でひいて緑茶を作る、和菓子作りにチャレンジするなど。身近にありながらも、なかなか知ることができないお茶について、楽しく向き合えるスポットです。

基本情報

恋木神社
住所:福岡県筑後市水田62番地の1
問い合わせ先:0942-53-8625

■茶の文化館
住所:福岡県八女市星野村10816-5
問い合わせ先:0943-52-3003
開館時間:10時~17時
休館日:火曜日
入館料:無料(体験等する際は別途料金有り)

柳川までのアクセス(行き方)は?

福岡 交通

柳川までのアクセス方法をご紹介します。

主要駅からは、鉄道利用場合乗り換えが必要になるケースが多くなります。団体で、駅構内をぞろぞろと移動するのは大変だと思いませんか?

そこでオススメしたいのが、貸切バスの利用です。電車を待つ待ち時間も必要ないため、時間が効率的に使えるのも魅力。

車内でゆったりとくつろぎながら、時間に縛られない自分たちの旅を楽しめます。ぜひ人数がまとまったら、貸切バスを検討してみてください。

<貸切バスでの移動>
・福岡空港から高速道路経由で約55分
・九州自動車道:福岡ICからみやま柳川IC経由で約1時間

<電車での移動>
・西鉄福岡天神駅から柳川駅まで約50分
・JR博多駅から福岡市営地下鉄空港線で「天神駅」(約5分)▶︎西鉄天神大牟田線(特急)に乗り換えて「西鉄福岡(天神)駅」(約50分)まで約55分

▼福岡旅行・関連記事

福岡・柳川への団体・グループ旅行はお任せ!

団体旅行 無料一括見積り
福岡はもちろん、佐賀や大分、熊本、鹿児島との九州周遊など、いろいろなワガママを旅行会社にぶつけてみてください。

要望にぴったりなオリジナルプランとお見積りをWebから24時間まとめてお取り寄せOK!どうぞお気軽にご利用ください。

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

1回の問い合わせで旅行会社からまとめてプランお取り寄せ!

全国200社以上の旅行会社が精鋭参加中。お客様の出発地に近い窓口をご紹介します。

プランや見積り、旅行会社のサービスをしっかり比較して、団体・グループ旅行を成功させましょう!

最短1分で入力完了。
今すぐ問合せしよう!

  • 国内旅行 無料一括見積り
  • 海外旅行 無料一括見積り