【スキー・スノボ合宿成功の秘訣】行き先・宿選び・プラン

冬のスポーツとして、スキーやスノーボードは高い人気を誇ります。小学校や中学校の授業でスキーをする人、高校の部活動や大学のサークルでスキー・スノーボードをする人、社会人サークルや実業団で滑る人。たくさんの人がスキー・スノーボードに取り組んでいます。

また、一言でスキー・スノーボードといっても、その種類は様々です。なので、団体ごとにおすすめのスキー場は違うんです!

スキー・スノボ合宿をするならどのスキー場がいいのか。ゲレンデや宿はどう決めればいいのか。そんなスキー・スノボ合宿に関するアレコレを紹介していきます。

スキー・スノーボード団体の種類

スキー・スノーボード団体の種類

まずは合宿のプランを決めるにあたり、スキー・スノーボードに取り組む団体・グループの種類と活動テーマについて簡単に整理してみましょう。

アルペンスキー

アルペンスキーは、決められたコースをいかに速く滑り降りるか競う競技です。ポールや旗の間を通る姿は、テレビでもしばしば見かけますよね。滑降、回転など複数種目があります。

時には時速100kmを超えるスピードの出る、迫力ある競技です。

クロスカントリースキー

アルペンスキーでは斜面のコースを滑り降りますが、クロスカントリースキーでは斜面を滑り降りるほか、平地を進んだり急な坂を登ったりします

用具もクロスカントリースキー専用のものを使います。

スキージャンプ

スキージャンプ

より遠く、より美しくジャンプできるかを競う競技、それがスキージャンプです。飛距離と飛行フォーム、着地フォームの合計点で勝敗が決まります。

スキージャンプは、夏にも大会が開催されるという大きな特徴があります。

フリースタイル

フリースタイルスキーは、コースを滑走しながらの曲芸を行う芸術性の高いスキーです。イメージとしてはスケートボードやフィギアスケートが近いでしょうか。代表的な種目は宙返りをするエアです。

エア以外にも、音楽に合わせて滑走するアクロやエアと滑走を合わせたモーグルなどがあります。

小学生・中学生・高校生のスキー・スノーボード

小学生・中学生・高校生のスキー・スノーボード

スキーは早くて3~4歳から、スノーボードなら4~5歳から始められます。スノーボードは両足が固定されるので転倒しやすいです。ですから、最初は比較的安全に滑れるスキーから始めるのがおすすめです。

北海道のような豪雪地帯では、小学校・中学校でスキー授業を行うこともあります。関東のような雪の少ない地域でも、学校によっては校外学習としてスキースクールを行います

スキー部は豪雪地帯の中学校高校に多いです。これらの地域では、公立校にもスキー部があります。雪の少ない地域でも、私立校にはスキー部があったりしますよ。

社会人のスキー・スノーボード

学生時代の旅行でスキー・スノーボードを好きになった人も多いのではないでしょうか?社会人になってからもスキー・スノーボードを続ける方法はいくつかあります。

トップクラスの実力を持つ選手は、実業団に所属してスキー・スノーボードをしています。東京など雪の少ない地域にある企業でも、実業団を持っているんですよ。

気軽にスキー・スノーボードをしたい人は、社会人サークルに所属しています。サークルによっては初心者歓迎のところもあるので、興味のある人は気軽に問合せしてみましょう。サークルメンバーの募集はネット掲示板にたくさんあります。

スキー・スノボ合宿の行き先を選ぼう

スキー・スノボ合宿の行き先を決める

合宿幹事の皆さんは、どんな条件でスキー・スノボ合宿の行き先を選びますか?アクセス、予算、設備、たくさんの条件があると思います。

その中でも、一番大事な条件がゲレンデと宿泊先の設備です。

それぞれの注意するべきポイントをまとめました。

ゲレンデの決め方

ゲレンデ

ゲレンデを決めるときは以下の点に注意しましょう!

  • コースの種類
  • 雪の状態・雪質
  • ナイター
  • ゲレンデの使用条件

最初にコースの種類について確認しましょう。普通スキー場には、初級、中級、上級コースがあります。初級コースが多いところ、上級コースが多いところとそれぞれ特徴があるので、自分達のレベルに合ったゲレンデを選びましょう

また、ゲレンデによってはアルペンスキー用のポールがあるので、必要な団体さんは旅行会社に相談してみてくださいね。

雪の質も可能な限り確認しましょう。天然雪、人工雪、パウダースノーなどがあり、人気なのは天然雪のパウダースノーです。季節によっても雪質は変わるので、注意が必要です。

スキー部など長時間練習したい団体さんは、ナイター設備があるゲレンデを選んでもいいですね。

数は少ないですが、貸切にできるゲレンデやプライベートゲレンデもあります。大会に向けて思いっきり滑りたい団体や、大人数でスキー・スノボ合宿を行う団体におすすめです。

条件の良いゲレンデを確実に確保するためには、早めに行動することが大事です。スキー・スノボ合宿に行くことが決まったら、すぐに旅行会社に相談してみましょう!条件に合う合宿先を探してくれるので、とても便利ですよ。

宿の決め方

宿の決め方

宿を決める条件も、値段や設備などたくさんあって困ってしまいますよね。スキー・スノボ合宿で人気&おすすめの条件をまとめてみました。

  • 大広間あり
  • 病院が近くにある
  • 昼食付き
  • ゲレンデ直結
  • ゲレンデまでの送迎付き
  • 温泉

学校行事や中学校・高校の部活動で合宿する場合、大広間がある施設を選ぶようにしましょう!メンバー全員に目が届きやすいので安全にスキー・スノボ合宿をできますよ。

社会人のスキー・スノーボ―ドチームも、大広間があると宴会をするときに便利です。

合宿のアクティビティといえばバーベキューが定番ですが、スキー・スノボ合宿では難しいもの。代わりに、みんなで大広間に集まってレクリエーションするのもいいですね

>ゼミ合宿・サークル合宿でやるならこれ!盛り上がるレクリエーションまとめ

病院のチェックも必ずしておきましょう。万が一けがが起きても対処できるよう、あらかじめ準備しておくことがとても大切です。

また、施設によってはゲレンデと宿泊先が離れていることがあります。あらかじめゲレンデ直結の宿泊先を選んだり、ゲレンデが遠くても移動がしやすいよう、移動手段の手配をしておくといいですね。

スキー・スノボ合宿に行くなら!おすすめの場所を紹介

スキー・スノボ合宿は雪が必要な性質上、合宿できる場所に限りがあります。九州の団体でも、長野や新潟に行ってスキー・スノボ合宿を行っているので、ぜひ地域を超えて合宿先を探してみてください。

新潟【初心者向け】

新潟

スキーで有名な場所と言えば、やはり新潟県が挙げられます。スキー場が大きく、初心者コースも充実しているんですよ。スキー場や年によりますが、シーズンは12月中旬~3月下旬です。

おすすめのスキー場はいくつかあります。赤倉温泉スキー場は、傾斜の緩い初級コースがとても多く、スキー・スノーボード初心者さんも楽しく滑ることができます。コース数が17あるので、一日中滑っても飽きません。

初級・中級コースが全体の8割を占める舞子スノーリゾートも、初心者向けのスキー場として人気です。

ホテルとゲレンデが直結しているゲレンデを希望するなら、苗場スキー場を選びましょう。ナイター営業しているコースもあるので、存分にスキー・スノーボードが楽しめます。

≫新潟の団体・グループ旅行プランもっと詳しく

長野【上級者向け】

長野

長野県もスキー・スノボ合宿の行き先として高い人気を誇ります。長野県は比較的上級者向けコースの充実したゲレンデが多いので、スキー・スノーボードの練習にはぴったりです。例年のシーズンは12月上旬~4月中旬ごろ。

定番は菅平高原スノーリゾートです。ここのゲレンデには、検定や競技会で使われる本格的なコースが何本もあるんです!大会に向けての練習に最適な、ポールバーンも複数箇所ありますよ。

アルペンスキーの練習専用コースが使いたい!そんなときは木島平スキー場に行きましょう。最大傾斜45度という上級者コースがあるのもポイントです。

≫長野の団体・グループ旅行プランもっと詳しく

猪苗代【学生向け】

学生向けスキー

大学のサークルなどで人気の行き先なのが、福島県猪苗代。都心から近く、アクセスがしやすい点が人気を呼んでいます。

初級者・中級者向けコースが多いスキー場なら、猪苗代スキー場がおすすめです。全体の8割が初心者・中級者向けコースなので、様々なレベルの人が集まっていても楽しみやすいんですよ。

猪苗代リゾートスキー場も人気のスキー場です。学校の校外学習先としても使われているので、大人数の団体でも安心して滑れますよ。ゲレンデ直結のホテルもあるので、たくさん滑って疲れても安心です。

≫福島の団体・グループ旅行プランもっと詳しく

志賀高原【スノーボード向け】

スノーボーダー向け

長野県の志賀高原には、スノーボーダーから熱い支持を受けるスキー場が複数あります。

竜王スキーパークは、利用者の7割がスノーボーダーと言われています。ここのゲレンデは初級者・中級者・上級者コースがバランス良く揃っているんですよ。条件が合えば、ゲレンデにあるテラスから雲海も楽しめます

アクセス性を重視するなら、ゲレンデ直結のホテルがある奥志賀高原スキー場と焼額山スキー場がおすすめですよ。

広島【関西方面向け】

広島

西日本にもスキー・スノボ合宿にぴったりのスキー場があります。広島県の芸北国際スキー場は、西日本でも有数のスキー場として多くのプレイヤーが訪れます。初心者用コースから初級者コース、上級者コースまで揃っていますし、長いコースも多いので滑りごたえは抜群です!

関西、山陰山陽、四国、九州のどこからでもアクセスしやすいのも嬉しいですよね。シーズンは12月中旬~3月中旬ごろです。

≫広島の団体・グループ旅行プランもっと詳しく

▼関連記事
≫全国ゲレンデ情報はこちら

スキー・スノボ合宿でよくある質問

よくある質問

Q.スキー・スノーボード用品を持っていません。レンタルってできますか?

A.はい、できます。スキーウェア、ボード、ストック、靴、手袋、帽子、ゴーグルと必要なものは各ホテルやスキー場でレンタル可能です。

大人数のレンタル手続きは結構面倒なので、旅行会社に頼んでラクしちゃいましょう。

Q.アルペンスキーの練習がしたい。

A.アルペンスキーで使うポールや旗門を備えているスキー場を手配しましょう。例えば、長野県木島平スキー場にはアルペンスキー専用コースがあります。

コースに関するこだわりがある場合は、どんどん旅行会社に相談してくださいね!

Q.スキー・スノボ合宿をするならいつ頃がいいですか?また、3月以降でも合宿できる場所はありますか?

A.スキー場や年によりますが、多くのスキー場のシーズンは12月~3月です。早いところで11月から、遅いところで5月まで滑れます。スキー・スノボ合宿をするなら、雪が多く滑りやすい1月~2月がおすすめですよ。

3月以降でも、山形県蔵王や北海道富良野のスキー場ならスキー・スノーボードができます。これらのスキー場は4月下旬~5月上旬までシーズンなんですよ。

兵庫県六甲山のように、人工雪を使うスキー場も比較的シーズンが長いです。六甲山のシーズンは3月下旬まで続きます。

スキー場のシーズンについて疑問点や不安に思うことがあったら、気軽に旅行会社に相談してみてくださいね。

≫スキー・スノボ―旅行を楽しむならこちらも参考に

旅行会社に頼って、最高の環境でスキー・スノボ合宿しよう!

旅行会社に頼って、スキー・スノボ合宿に行こう

スキー・スノボ合宿に行くことが決まったら、合宿幹事さんはやることが多くてとっても大変!行き先、宿、スキー場、交通手段、場合によっては用具レンタルの手配もしなくてはいけません。いくら時間があっても足りないほどです。

スキー・スノボ合宿に行くときは旅行会社に手配をお願いするのが一番簡単です!旅行会社に相談すれば、条件にぴったりの場所を探してくれますし、プールも宿泊先も交通手段も一気に予約できちゃうんです。

まずは無料見積もりを依頼してみましょう。

最高の環境でスキー・スノボ合宿をして、スキー・スノーボードの練習に打ち込みましょう!

▼合宿旅行幹事さんお役立ち情報

■スポーツ合宿幹事の準備
野球合宿サッカー合宿テニス合宿弓道合宿柔道・空手・合気道合宿剣道・太極拳合宿バスケットボール合宿バレーボール合宿バドミントン合宿陸上合宿水泳合宿スキー・スノボ合宿
■カルチャー・芸術系合宿幹事の準備
ダンス合宿音楽合宿天文合宿マンガ・ゲーム合宿勉強合宿開発(IT)合宿

合宿旅行が決まったら「団体旅行ナビ」にお任せください!

合宿旅行は団体旅行ナビにお任せエージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り

「団体旅行ナビ」なら、無料で複数の旅行会社から見積もりが取れるのでとても便利です!色々なプランを比較できるので、よりお得に合宿へ行くことができちゃいます。

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!

1回の問い合わせで旅行会社からまとめてプランお取り寄せ!

全国200社以上の旅行会社が精鋭参加中。希望する出発地に近い窓口をご紹介します。

プランや見積り、旅行会社のサービスをしっかり比較して、野球合宿を成功させましょう!