関西出発の日帰り旅行でおすすめの行き先

関西在住のアラ還ライター、Kです。酷暑の関西から残暑御見舞申し上げます(大汗)。

今回編集部から与えられたミッションは以下の通り。

  • 関西出発で貸切バス等を利用して日帰りできるとこ
  • 死ぬほど暑い関西で避暑地気分が味わえるとこ
  • 地元民から愛されてる穴場的なスポット

個人的には高野山に行きたいところですが、涼しく過ごせて楽しめるところをいくつかあげるとしたら以下の3つでしょうか。

  1. 六甲山(兵庫)
  2. 伊吹山(滋賀)
  3. 赤目四十八滝(三重)

いくつか挙げさせてもらったのですが、それはさておき(おくんかい)、この度はあえて地元民(ハワイでいえばロコ)が愛するビーチをぜひ紹介させていただきます。

都会からアクセス抜群ながら、ビーチリゾート気分が味わえて、しかも絶景!地元民が愛してやまない穴場スポットです。

地元民イチオシ!神戸市にある「アジュール舞子」ビーチ

それは、神戸市の「舞子ビーチ」です!正式名称は「アジュール舞子」。神戸市中心部より車で40分もあれば到着する都会の中の海水浴場です。

神戸市の海水浴場といえば、関西出身者ならご存知かもしれませんが、「須磨ビーチ」が有名。こちらは神戸市中心部により近く、人出も多くオシャレなビーチハウスも立ち並んでいるスポットです。

しかし、ロコピープルが足しげく通い、こよなく愛するのは、やはりもっと西の垂水から明石にかけていくつか存在するビーチです。その中でも特に舞子をおススメするにはいくつか理由があります。

「アジュール舞子」の魅力(1)明石海峡大橋を望む絶景スポット

関西から日帰りで楽しめる絶景ビーチ「アジュール舞子」

ご覧ください〜!明石海峡大橋と淡路島を望む絶景。この風景を満喫しながら海水浴ができるのが一番のおススメポイントです。

しかも海は透明度抜群。水質調査が開始された平成17年から13年連続で最高ランクの透明度「全透(1m以上)」と判定されています。2019年(令和元年)でも水質AAの結果。

肉眼でも泳ぐ魚が確認できる、都心から近い海水浴場はめったにないですね。

「アジュール舞子」の魅力(2)ハイシーズンでも混雑しない

遊泳エリアはこじんまりしてるアジュール舞子

遊泳できる部分はそんなに広くないんですが、砂浜はそこそこ広さがあります。

撮影時間は午前中早めの時間だったためかなり空いていますが、お昼にかけても殺人的な混雑にはなりません。これもオススメポイント。

ハイシーズンでも比較的穴場のビーチと言えるのではないかと。

お昼近くでも混雑しない穴場のビーチ

お昼前でもこんな感じの人出です。暑さもあるので午前中早めに行くのがベストと思われます。

「アジュール舞子」の魅力(3) お金をかけずに遊べる

明石海峡大橋からのアジュール舞子と舞子浜
明石海峡大橋からアジュール舞子を望む

「アジュール舞子」は神戸市が管理していますので、普通車の他にバス用駐車場もあります。トイレや着替えの場所などもそれなりに整備されていて、そんなにお金がかからないのも魅力。

シャワーは水でよければ無料です(水で全く問題なし!冷たくありません)。学生やサークル旅行で行くなら、お金がかからないというのもポイント高いですよね。

小さいお子様連れでも安心して遊べる

安全面でも営業時間中はライフセーバーが常駐。ビーチ以外の敷地はガードマンがパトロールしているので、しっかり管理されており安心です。小さいお子様連れの職場旅行なんかにもおすすめです。

ロコピープルがゆったりと楽しんでいるところにお邪魔している雰囲気が、心地よく感じられます。

ただし!須磨ビーチのようなオシャレなビーチハウスは一切なく、いわゆる昔ながらの売店で焼きそばやかき氷を売っている程度なので、そちら方面を期待するとがっかりな面もあります。

「アジュール舞子」の魅力(4)工夫次第でビーチリゾート気分が味わえる

アジュール舞子でビーチリゾート気分を味わう

あくまでも個人の感想ですが・・・。

社員旅行として楽しむなら、お好みの飲み物や食べ物を持ち込んで、みんなでワイワイ自由に飲み食いするだけでも、ビーチリゾート気分を満喫できると思います。

最近ではおしゃれなキャンプ「グランピング」なるものが流行っていて、テントやタープ、テーブルセットみたいなものがレンタルできるようです。夏の海水浴期間はBBQ禁止ですが、テントだけでも準備すると、おしゃれな気分にひたれることまちがえなし!

強い日差しを避ける意味でも、タープやテントはあると便利ですもんね。

本格的なビーチリゾート気分を味わうなら、オーシャンビューホテルへ

明石海峡大橋のたもとにあるリゾートホテル「ホテルセトレ」

それでも、どうしてもリゾート気分を味わいたい!!という方々には、ご安心ください。ここは神戸です。

ビーチに隣接してリゾートホテル「ホテルセトレ」という全室オーシャンビューのリゾートホテルがございます。明石海峡大橋のたもとにある白い建物がそれです。

「ホテルセトレ」でリゾート気分のランチ

レストラン利用だけでもリゾート気分が味わえるリッチな場所です。お値段もそれなりですが、泳ぎたくない社員やメンバーがいる場合の憩いの場所としてもいいのではないでしょうか。

20名以上の団体・グループ限定でプレミアムBBQが割引になるプランがあるようです。サンセットと明石海峡大橋を眺めながら、オープンエアーでのBBQは盛り上がりますね。

予算を多少かけても大丈夫な会社の周年記念パーティや、家族の還暦のお祝いなどで楽しむのもよさそうです。

「シーサイドホテル舞子ビラ」
「シーサイドホテル舞子ビラ」

少し予算を押さえるなら、少し山側に行ったところにある「シーサイドホテル舞子ビラ」という比較的大きなホテルへ。ここでもテラスでバイキングやバーベキューを楽しめます。

その他にもフレンチや中華のレストランもあり、社内イベントや日帰りの社員旅行的にはこちらでランチやディナーするというのがいいかもしれませんね。お値段もホテルセトレに比べればリーズナブルで、もちろん大人数でもOKです。

食事場所の手配など、まとめてお願いできる「団体旅行ナビ」をぜひ活用してみてくださいね。

日帰りバス旅行の一括見積

貸切バスで行くなら観光やアクティビティも!おすすめスポット3選

舞子海上プロムナード
舞子海上プロムナード

海水浴だけだと泳がない人はつまらない!大丈夫です。ここは神戸。いろいろ立ち寄り先はありますよ。今回おすすめするのは以下の3か所。

  • スリル満点の展望施設「舞子海上プロムナード」
  • お買い物好きなら「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」
  • 明石の台所「魚の棚」

実は明石海峡大橋にも昇れます!「舞子海上プロムナード」

明石海峡大橋 ガラス張りの床
明石海峡大橋・ガラス張りの床

海面からの高さ47mの橋桁の中に作られた展望施設です。床がガラス面になっている部分もあり、スリリングな風景が楽しめますよ〜

「団体旅行ナビ」なら日帰りバス旅行の手配もラクラク!貸切バスも人数に合わせてレンタルできちゃいます。ぜひ、お願いしてみましょう。

日帰りバス旅行の一括見積

買い物やグルメ、ライブイベントも!「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」

三井アウトレットパーク マリンピア神戸
三井アウトレットパーク マリンピア神戸

また近所には 「南欧の港町」をコンセプトにした「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」がありますよ。ビーチ帰りにお買い物も楽しめます。 さすが都会の海水浴場ですね。

こちらの施設内には、マリンピア神戸さかなの学校(神戸市立水産体験学習館)も。神戸の漁業について親しんでもらうためにつくられたもので、お子様連れのグループ旅行なら、夏休みの自由研究にもいいですね。

明石の海の恵みを味わう「魚の棚」

明石・鮮魚商店街「魚の棚」
明石市の鮮魚商店街「魚の棚」

舞子ビーチのある明石海峡は関西有数の良漁場であり、明石市には有名な鮮魚商店街「魚(うお)の棚」があります。明石特産の魚介類や練り製品、乾物などを扱う商店を中心に100店舗以上が軒を連ねるにぎやかな商店街です。

JR山陽本線「明石駅」からも歩いて5分と便利な場所。もちろん食べ歩きもOKです。

神戸のたこ焼きといえば「明石焼き」

神戸名物「明石焼き」はもちろん、タコの代わりにアナゴを使った明石焼きのお店なんかもありますよ。

おまけでご紹介!垂水にある「寿司 増田屋」

さらに神戸寄りにある隣町「垂水」には、ロコピープルに古くから愛されるいろいろな銘店があり、中でも極私的なオススメは、お寿司の「増田屋」さんです。

神戸界隈にはおいしい寿司屋さんが多いのですが、増田屋さんもその1軒。しかもお手頃な値段でお寿司がいただけるんです!

宴会場もあるので、事前に予約すれば対応可能かと思います。せっかくの社員旅行、足を伸ばしてお食事に訪れてはいかがでしょうか?地元気分が倍増ですよ。

私も取材の帰りに訪れたのですが残念ながら食事に夢中で写真はありません(苦笑) 。

「海水浴の後は温泉でさっぱりしたい!」という場合なら「垂水温泉 太平のゆ」もあり。明石海峡大橋の眺めを楽しみながら、一風呂浴びて帰るのも極楽、極楽ですね。

大人数で出かける場合、自分たちでひとつひとつ手配するのって面倒ですよね。「団体旅行ナビ」なら、ランチやアクティビティなどを含め、日帰りバス旅行プランをまとめて提案してもらえます。ぜひ相談してみましょう。

日帰りバス旅行の一括見積

関西出発の団体・グループ旅行で日帰りビーチリゾートバスツアーまとめ

明石大橋のサンセット

関西出発、日帰りで楽しめるおすすめスポットをご紹介しました。おしゃれなスポットが満載の神戸ですが、地元民がこよなく愛する穴場のビーチなら、よりリーズナブルに楽しめますね。

人数が15名以上ならマイクロバスをチャーターしてもいいですし、10名前後なら電車などの公共交通機関も便利です。何台かで車で分乗してもありと、アクセス方法がいろいろ選べるところもポイント高し!

海水浴シーズンの7月~8月以外なら、BBQを楽しむこともできるので9月や10月の連休に社内イベントで訪れてもいいですよ。おすすめです!

次回は涼を求めて日帰り社員旅行におすすめのマウンテンリゾート「六甲山」をご紹介します。

【施設概要】
アジュール舞子
住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11
電話:078-706-2011
遊泳可能期間:2019年は7月11日(木)~8月25日(日)
平日 9時30分~17時/土日祝 9時~17時30分
バス駐車場:1台につき1回2,000円(西駐車場利用のこと)、乗用車は1時間200円

ホテルセトレ
住所: 兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
電話: 078-708-3331(代)

シーサイドホテル舞子ビラ
住所:兵庫県神戸市垂水区東舞子町18-11
電話:078-706-3711(代)

舞子海上プロムナード
住所: 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
電話: 078-785-5090
開館時間: 9時~18時(最終入館は17時30分まで)
休館日: 毎月第2月曜日(祝日の場合は翌日) / 12月29日~12月31日
※時期により開館時間が異なるため、公式ホームページ参照のこと。
入館料:大人250~300円 、高校中学生以下無料
※20名以上の団体で割引あり
バス駐車場:大型車駐車場(P3) 12台駐車可能、2時間まで1,600円

三井アウトレットパーク マリンピア神戸
住所: 兵庫県神戸市垂水区海岸通12-2
電話: 078-709-4466
開館時間: 10時~20時
※時期やお店によって異なるため、公式ホームページを参照のこと。

明石・魚の棚商店街
住所: 兵庫県明石市本町1-1-16
電話:  078-911-9666
バス駐車場: 「大蔵海岸観光バス駐車場」市内観光する場合は利用可能(要事前予約)
※詳しくは旅行会社を通じて手配してもらいましょう。

寿司 増田屋
住所: 兵庫県神戸市垂水区日向2-5-17
電話: 078-705-0333
営業時間: 11時~20時30分(LO 20時)、 毎週火曜日休み(祝日は営業)
※ 50~60名用の大宴会場もあり。

兵庫日帰りバス旅行プラン&料金目安

9:00 大阪駅出発
10:10 アジュール舞子で海水浴を楽しむ
12:30 ホテル等でランチ
14:00 舞子海上プロムナード散策、三井アウトレットパークへ
16:00 明石・魚の棚商店街を散策、食べ歩き
18:00 大阪駅到着
■大人1人当たりの予算目安:7,500円前後
(20名参加・貸切マイクロバス利用)

日帰りバス旅行の一括見積

「団体旅行ナビ」無料一括見積りの流れ

1回の問い合わせで、関西出発の日帰りバス旅行プランと費用を旅行会社からまとめて取り寄せできます。幹事さんの負担をぐっと軽減できますよ!

  1. Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
    Webからは24時間受付、空いている時間に依頼OK!
  2. 各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
    各旅行会社からプラン・見積りが届きます。
  3. 気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!
    気に入ったプランを提案してくれた旅行会社と契約!


日帰りバス旅行の一括見積

1泊2日以上の社員旅行を希望する場合はこちら≫