圏外を理由に、仕事のメールを返さない方法

電話に出たくない、メールを返したくない、せっかくの沖縄旅行なので電話に出たくない…そんなときは「携帯圏外でした」と主張することで比較的穏便に電話に出られない理由を作ることが可能です。

しかし、嘘がばれたら気まずい雰囲気になってしまう…ということで、「携帯圏外である」ということを押し通す注意点をご紹介いたします。

沖縄本島には携帯圏外の場所はほとんどない

沖縄の青い海

沖縄本島で携帯電話が圏外の場所は(地上では)現在北部の一部エリアを除いてほとんどありません。
現在は携帯キャリアの電波カバー状況も地図化されているので、不用意に携帯圏外を強調すると気まずい思いをすることになるかもしれません。

古宇利島の地図

大国林道などの携帯圏外のエリアにまで行けない人にお勧めなのは、名護市屋我地島周辺から古宇利島あたりのエリアです。

沖縄らしい海が広がる風景を楽しみつつ、電波が不安定なエリアなので「電波の調子が悪くてすみません」と言って電話を切りましょう。
古宇利島には有名なハートロックもあるので恋人同士のアバンチュールにも最適です。

離島はまだまだ圏外のエリアがある

沖縄の離島

離島に行けば電波は届かない…というのは今は昔。沖縄の離島でも現在は比較的良好に電波が入る地域が多いです。

しかし、一部の離島では全く電波が届かないエリアはまだまだあります。
例えば上の写真は西表島。島のほとんどがジャングルに覆われた西表島では携帯圏外の地域がかなり多くあります。

ただし人が住んでいない地域なので遭難の危険もあります。

最終的にはお土産でごまかそう

沖縄のお土産

物理的な圏外の場所を探すにしても、嘘でも圏外を主張するにしても、電話に出られなかったフォローはしておきましょう。
「この前は電話に出られなくてすみません。あ、これつまらないものですが…」とお土産を差し出せばきっと相手も悪い気はしないはずです。

DEEokinawa
提供:DEEokinawa