Go To Travelキャンペーンのお得な利用法

エージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り

2020年5月26日に緊急事態宣言が解除され、段階的に外出自粛規制が解除されつつあります。6月19日(金)からいよいよ県をまたぐ移動についての規制も解除

夏休を目前にし「旅行はいつから解禁?」「県外への旅行はもう大丈夫なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

政府主導で行われる「Go To Travel」キャンペーンはいつからスタートするのかも気になりますね。

今回はキャンペーンを利用してお得に旅行を楽しむコツを徹底解説!情報も随時更新していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

目次

1.「Go To キャンペーン」とは?
2.「Go To Travel」キャンペーンの内容は?どのぐらいお得?
3. 個人で予約すると宿泊費のみ半額になる「Go To Travel」キャンペーン
4.「Go To Travel」キャンペーンの実施期間はいつからいつまで?
5.「Go To Travel」キャンペーンは1人で何回も利用できる!
6.「Go To Travel」キャンペーンは日帰り旅行でも使用できるかも!
7.「Go To Travel」キャンペーンは寝台列車やクルーズ旅行も適用される予定
8.「Go To Travel」キャンペーンは国内旅行・日本居住者が対象!
9.「Go To Travel」キャンペーンは修学旅行(教育旅行)や団体旅行も対象!
10. 結論!「Go To Travel」キャンペーンは旅行会社を利用するのが最もお得

「Go Toキャンペーン」とは?もっと詳しく

Go To Travelキャンペーンもっと詳しく

「Go Toキャンペーン」は簡単にいうと以下の4つの内容で実施されるものです。

  1. 「Go To Travel」キャンペーン
  2. 「Go To Eat」キャンペーン
  3. 「Go To Event」キャンペーン
  4. 「Go To 商店街」キャンペーン

実施の主旨はコロナウイルス感染症の影響で、大幅な売り上げ減となった業界を応援しようというもの。

中でも観光地を含む旅行業界は緊急事態宣言以来、キャンセルが相次ぎ売り上げゼロというかなり厳しい状況になっています。

今回は1.の「Go To Travel」キャンペーンに焦点を絞って解説していきますよ。

「Go To Travel」キャンペーンの内容は?どのぐらいお得?

Go To Travelキャンペーンはどのぐらいお得

簡単にいえば、国が旅行代金を半額補助しますよというのが「Go To Travel」キャンペーン。
1人最大で1泊あたり2万円補助してもらえます。

GoToTravelキャンペーン補助はいくら?

補助してくれる金額のうち70%が旅行代金から割引、残り30%は地域(旅行先)の観光施設やお土産店、飲食店で使用できる「地域クーポン」として渡される予定になっています(補助の方法や内容はまだ未定)。

「Go To Travel」キャンペーン、宿泊旅行でコスパがいいのは?

1泊につき半額の補助

注意しなければならないのは上限があること。つまり40,000円であっても60,000円であっても、補助されるのは20,000円までです。

【1泊2日の旅行1人分でいくらお得?】

旅行代金 実質補助額
20,000円 10,000円
(割引7,000+クーポン3,000円)
40,000円 20,000円
(割引14,000+クーポン6,000円)
60,000円 20,000円
(割引14,000+クーポン6,000円)

1泊2日の旅行ならひとり「40,000円」の旅行代が一番おトク!

【2泊3日の旅行なら1人分でいくらお得?】

旅行代金 実質補助額
40,000円 20,000円
(割引14,000+クーポン6,000円)
80,000円 40,000円
(割引28,000+クーポン12,000円)
100,000円 40,000円
(割引28,000+クーポン12,000円)

補助金は1泊当たりで計算されるので、2泊の場合は最大で40,000円が上限となります。同様、3泊であっても最大60,000円までなので注意してください。

2泊3日の旅行ならひとり「80,000円」の旅行代が一番おトク!

「Go To Travel」キャンペーンどのぐらいお得まとめ

  • 1泊2日旅行なら旅行代金が「40,000円」がコスパ最高
  • 2泊3日旅行なら旅行代金が「80,000円」がコスパ最高
  • 旅行代金のみの割引は補助金の70%、残り30%は地域で使用できる「クーポン」付与になる
団体旅行 無料一括見積り

個人で予約すると宿泊費のみ半額になる「Go To Travel」キャンペーン

「Go To Travel」キャンペーンは、個人で旅行を手配した場合も適用されます。

ただし半額補助が受けられるのは、旅館・ホテルなどの宿泊費のみ!

個人手配は損する

つまり、自分たちで電車や飛行機などを含め個別に予約した場合、交通費(移動手段)には適用されないんです。これはかなり損ですね!

「決められたプランで旅行するのはちょっと」という場合は、旅行会社で企画している「宿泊+交通手段」をセットにしたフリープランを予約するのも手!

旅行会社経由なら旅行費用すべてがキャンペーン補助の対象

こちらは「Go To Travel」キャンペーンの対象になっていますので、交通費も含めて全額補助を受けられます。もちろん、観光や食事、現地での体験アクティビティなどがセットになったパッケージプランでもキャンペーンの対象。

「Go To Travel」キャンペーンは旅行会社にまとめてお願いが断然お得ですね。

団体旅行 無料一括見積り

「Go To Travel」キャンペーンの実施期間はいつからいつまで?

Go To Travelキャンペーンはいつからいつまで

当初の予定では夏休みがスタートする7月下旬を予定していました。しかし、キャンペーンの委託業者の公募が遅れることになったため、現在では8月上旬スタートが有力です。

キャンペーン終了時期は2021年3月中旬を予定。「Go To Travel」キャンペーンの総予算額は約1.1兆円を計上しているそうです。

しかしながら、予算を使い切ってしまったら早めに終了してしまうかも。ともかくキャンペーン開始が決まったら、予定を立ててすぐにでも予約した方がよさそうですね。

「Go To Travel」キャンペーンは1人で何回も利用できる!

Go To Travelキャンペーンのお得な利用方法

一度「Go To Travel」キャンペーンを利用して旅行に出かけたとしても、期間中なら何度でも利用できます。つまり、終了予定の2021年3月中旬まで予算が続く限り何回も半額で旅行が楽しめるというわけ!

夏休みには家族と旅行に行き、秋は職場旅行でお出かけ、年明けにサークルの仲間とというように、1人で何度も利用できるのは旅行好きにはたまらない制度。

日帰りバスツアーに1泊2日の旅行に、ちょっと長めに2泊、3泊とぜひお出かけください。

団体旅行 無料一括見積り

「Go To Travel」キャンペーンは日帰り旅行でも使用できるかも!(調整中)

日帰りバスツアーも対象

「遠くまで旅行するのはまだ心配」「まずは近場の旅行から」という方も多いことでしょう。ご安心ください!日帰り旅行でも補助金が利用できる方針だそうです。

日帰り旅行の場合は1万円が上限。なので、10,000円の日帰りバスツアーなら5,000円分割引(旅行費用4,000円、地域クーポン1,000円分のイメージ)となります。

最大1万円ですので、日帰り旅行の場合は20,000円の旅行が最もコスパがいいということになります。

ただし、日帰り旅行の場合は往復の乗車券(バスや電車移動も含む)と旅行先での消費(日帰り温泉、食事、観光、体験アクティビティなど)がセットになったもののみに適用される予定です。

つまり、旅行先で必ず消費するということが割引条件になっています。

旅行会社や日帰りツアー予約サイト経由で依頼したものが対象となるので、個人で個別に予約した場合は対象外ですので注意が必要です。

「Go To Travel」キャンペーン日帰り旅行の注意点まとめ

  • 日帰り旅行は「旅行先での消費」がセットになったもののみが対象(移動のみはNG)
  • 最大10,000円が上限(旅行費用20,000円がコスパ最高)
  • 個人で個別に手配は適用外
団体旅行 無料一括見積り

「Go To Travel」キャンペーンは寝台列車やクルーズ旅行も適用される予定

寝台列車やクルーズの旅も対象

寝台列車や夜行フェリーを利用して旅行をしたいという方もいらっしゃることでしょう。ご安心ください!宿泊に準ずる旅行ということで、寝台列車やクルーズ、夜行フェリーを使ったものも補助金の対象となる予定です。

ただし、夜行バスでの移動は「座席のみの使用」とみなされ、補助金の対象外だそう。要注意ですね。

「Go To Travel」キャンペーン寝台列車・クルーズ旅行の注意点まとめ

  • 宿泊に準じるものとして宿泊施設を備えたクルーズ、寝台列車、夜行フェリーも補助金(割引)の対象になる予定
  • 夜行バスは座席のみの使用ということで除外
団体旅行 無料一括見積り

「Go To Travel」キャンペーンは国内旅行・日本居住者が対象!

Go To Travelキャンペーンは日本居住者の国内旅行対象

コロナウイルス感染拡大が抑え込まれ、一部海外(タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド)との行き来がビジネス目的に限り緩和されるとの報道がありました。1日最大250人程度で2020年夏からをイメージしています。

だだし、今回の「Go To Travel」キャンペーンの対象は国内旅行限定なのでご注意を。また、外国人観光客(インバウンド)も対象外。

あくまでも日本人が国内旅行を楽しむ場合に限定されています。

団体旅行 無料一括見積り

「Go To Travel」キャンペーンは修学旅行(教育旅行)や団体旅行も対象!

Go To Travelキャンペーンは修学旅行など団体旅行もOK
修学旅行

今回の「Go To Travel」キャンペーンは、修学旅行や社員旅行などの団体旅行についても適用されます。

今回のコロナウイルス感染拡大でキャンセルや延期を与儀なくされたという学校も多いはず。キャンセル手数料は免除にならなかったため、保護者に費用負担を求めることになり、頭を抱える学校も多いのでは?

大人数で移動する団体旅行は基本、旅行会社にオリジナルプランをお願いする(受注型企画旅行)ことになります。こちらも宿泊と現地での消費をセットにしたツアーにすることがポイント!

コロナウイルス感染症に配慮した宿泊施設や観光スポット、飲食店などを個人で探し、手配するのはかなり厳しい状況。プロである旅行会社にお任せして安心して旅行に出かけましょう!

≫修学旅行で利用できる助成金をもっと詳しく
≫団体・グループ旅行で利用可能!お得な助成金まとめ
≫格安でゼミ合宿・サークル合宿に行こう!合宿旅行補助金・助成金まとめ

団体旅行 無料一括見積り

結論!「Go To Travel」キャンペーンは旅行会社を利用するのが最もお得

Go To Travelキャンペーンは旅行会社にお願いが最もお得

最近ではホテル予約サイトや鉄道・飛行機の予約サイトを利用し、個人で全部手配するというのがトレンドになっています。特にホテルは料金比較サイトが人気!

掲載しているサイトによって宿泊料金がかなり違うので、見逃せませんよね。

ただ今回の「Go To Travel」キャンペーンに限っては旅行会社を利用するのが断然お得!

個人で手配した場合の補助金適用は「宿泊施設」のみの割引となります。自分たちで新幹線や飛行機を個別に予約した場合は割引されません(宿泊とのセットプランを予約は補助金の対象)。

まだ割引がどのように適用されるか詳細は未定ですが、キャンペーン事務局を通じてやりとりされる見込み。

「雇用関係助成金」や「持続か給付金」の手続きでは、何度も差し戻され、お金が下りるどころかなかなか申請が完了しなかったというトラブルも発生しています。

煩雑な申請手続き

今回の補助金も個人手配の場合、申請が煩雑になりちょっと難しそうです。キャンセルしたり、日時を変更した場合、どのように対応するのか現段階では未知数。

コロナウイルスの影響で打撃を受けた業界を支援するためのキャンペーンなので、旅行会社を利用するのが最もお得で簡単でおすすめなのは間違いなし!

せっかくのチャンスですから、旅行会社にまるごとお願いし、最もコスパの良いプランを提案してもらいましょう。

「Go To Travel」キャンペーン概要まとめ

  • 実施期間は2020年8月上旬~2021年3月中旬頃(2020年6月21日国交相・赤羽大臣のNHK「日曜討論」にて来年の春まで実施と言及)
  • 日本に居住している人の国内旅行に適用
  • 日帰り旅行から宿泊を伴う旅行代金の半額が補助(条件や上限あり)
  • 夜行列車やクルーズ、夜行フェリ―利用も対象(夜行バスは除く)
  • 修学旅行や社員旅行などの団体旅行も対象
  • 個人の手配旅行は宿泊施設のみが補助の対象(移動手段は除外)
  • 補助金のうち7割は宿泊料金、3割は地域で利用できるクーポンとして付与(観光や食事、買い物、アクティビティに利用できるもの)

2020年7月1日日本経済新聞によると、「Go To Travel」キャンペーン開始前に予約した旅行は補助対象外とする発表があったそうです。予約した旅行期間が8月以降であったとしても、補助の対象にならないようなのでご注意を!

旅行会社への相談はスタートしても構わないと思いますが、予約は正式なキャンペーン開始を待った方が良さそうです。

今後の報道に応じて随時更新していきますので要チェックですよ!【2020年7月4日(土)に更新】

▼アフターコロナの旅行関連記事
≫旅行会社の安心対策
≫宿泊施設の安心対策
≫貸切バスの安心対策
≫鉄道(新幹線・特急)の安心対策
≫鉄道(新幹線・特急)の対応
≫航空会社(飛行機)の対応
≫旅行者のマナー(エチケット)

▼国内旅行はこちらも参考に
≫国内団体旅行プラン・行き先選びのヒント
≫大人数・複数家族旅行の行き先選びヒント
≫社員旅行行き先選びのヒント
≫日帰りバス旅行行き先選びのヒント
≫修学旅行の得意な旅行会社情報

補助金でお得に国内旅行を楽しむなら「団体旅行ナビ」にお任せ!

エージェント一覧

団体旅行 無料一括見積り